So-net無料ブログ作成

クロンチョンの生まれ故郷で クロンチョン・トゥグー

Krontjong Toegoe  DE MARDIJKERS.jpg

クロンチョン・トゥグー? そんなクロンチョン楽団があるの?
クロンチョン発祥の地トゥグーのクロンチョン楽団といえば、
由緒あるオルケス・クロンチョン・カフリーニョ・トゥグーが有名ですけれど、
クロンチョン・トゥグーという楽団名は、初耳です。

調べてみると、オルケス・クロンチョン・カフリーニョ・トゥグーの
チェロ奏者だったアレンド・J・ミッシェルが、88年に結成した楽団とのこと。
アレンド・J・ミッシェルは、かつての解放奴隷(トゥグー集落の住民)の末裔たちの
絆を深めるため、76年にコミュニティ組織を設立し、
さらに若い世代へ伝統音楽を継承するために、クロンチョン・トゥグーを結成したとのこと。
93年にアレンドが死去した後は、息子のアンドレが楽団リーダーを継いだそうです。

トゥグーのクロンチョン楽団は、70年代になると、
オルケス・クロンチョン・カフリーニョ・トゥグー
ただひとつになるまで衰退してしまいますが、
アレンドたちの努力によって、若手音楽家の育成が図られ、
現在オルケス・クロンチョン・カフリーニョ・トゥグー、クロンチョン・トゥグー、
クロンチョン・ムダ=ムディ・コルネリスの3つのグループが活動しているそうです。

で、このクロンチョン・トゥグー、いいじゃないですか。
真面目な伝統保存一辺倒なのかと思いきや、
風通しのいい演奏ぶりで、とても自由なんですよ。
伝統保存に足を縛られることもなければ、型を守るあまり窮屈となることもなく、
伸び伸びと演奏しているのが伝わってきて、嬉しくなります。

もちろん、クロンチョンの伝統形式に沿った演奏ではあるものの、
洒落たブリッジを挟み込んだり、
ヴァイオリンを多重録音して柔らかなハーモニーを作ったり、
ギターのちょっとしたトリッキーなプレイでユーモラスな場面を付け加えたりと、
自然なヘッド・アレンジで生まれたアイディアが、ふんだんに盛り込まれています。

優雅なワルツの‘Oud Batavia’ や、
若い女性歌手が歌う‘Mardijkers’ のしっとりした味も格別。
全体にアマチュアぽさが貫かれているところもこの楽団の良さで、
ローカルな味わいに溢れています。
クロンチョンの生まれた原点が、そのまま息づく姿をパッケージした得難い作品です。

Krontjong Toegoe "DE MARDIJKERS" Gema Nada Pertiwi CMNP438 (2018)
コメント(4) 

コメント 4

戸嶋 久

こ〜りゃいいですねえ。気持ちいい!さわやかな感じがあるし、ユーモア感覚もあって、しかもそれらはつくられたものっていう感じがせず、素直で自然体。いいなあ〜。これからの真夏にもピッタリな音楽ですね!収録時間が25分ほどなのも聴きやすくてグッドです。

エル・スールに一度入荷していたのに、いまごろ気づきました。原田さん、もう一回お願い〜〜!
by 戸嶋 久 (2019-07-26 18:04) 

bunboni

こういうグループはなかなか録音のチャンスが巡ってこないだろうから、貴重なレコーディングですね。
by bunboni (2019-07-26 20:52) 

bunboni

去年7月28・29日、日比谷公園で開かれたフェスティバル・インドネシアに来日していたんですね。知りませんでした。
by bunboni (2019-07-27 19:18) 

戸嶋 久

じゃあそれでこの楽団を知ったかたがいらっしゃったかもしれないですね。
by 戸嶋 久 (2019-07-27 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。