So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ポップ/歌謡路線へ回帰するダンドゥット フィア・ファレン、ネラ・カリスマ

Via Vallen  OM SERA.jpg   Nella Kharisma  SEBELAS DUABELAS.jpg

ダンドゥットの新作から20年近く遠ざかっていたのは、
コプロやハウスといったディスコ化のせいもありますけれど、
CDが制作されなくなり、音楽配信が中心となってしまった影響が大きいですね。

なんせインドネシアでは、ケンタッキーフライドチキンでしか買えないCDが、
中産階級以上のミュージック・シーンを象徴するようになってしまったんだから、
場末感漂う下層庶民のダンドゥットなど、蚊帳の外になるのも当然でした。

そんなところに去年知った、イラマ・トゥジュフ・ナダというレーベルには驚かされました。
コプロやハウスといった流行とは無縁のラインナップで
温故知新なダンドゥット・アルバムを出しているのは、嬉しかったなあ。

すると最近もうひとつ、ペリタ・ウタマというジャカルタのレコード会社からも
ダンドゥットのアルバムが出ているのを知りました。
手に入ったのは、現在のダンドゥット・シーンで人気沸騰中の女性歌手2人。
昨年再生回数1億5千回で国内2位を記録した‘Sayang’を歌うフィア・ファレンと、
今年それをさらに2千回上回る1億7千回を記録した
‘Jaran Goyang’を歌うネラ・カリスマです。

ポップ・コプラのクイーンの異名を持つフィア・ファレンは、
その圧倒的人気からKFCからもCDも出していましたよね。
ド派手なダンス・トラックを抑えて歌謡性を強めたプロデュースは、
KFC向けだったのかもしれませんが、爆発的ヒットとなった‘Sayang’も、
ラップやバニュワンギも交えたポップ・チューンでした。
ディスコ路線が下火になって、ポップ/歌謡路線に揺り戻しがきているのかも。

フィア・ファレンはそんなに歌がうまいわけでもないし、
正直なぜそんなに人気があるのか、よくわからないんですけど、
ネラ・カリスマは、ちょっと鼻にかかったコケティッシュな歌いぶりに
ダンドゥットらしさがよく味わえる、いいシンガーです。

コプロ以降のスピーディなダンドゥットで、現代性のあるサウンドながら、
ロック調、インド風味、レゲエなどを織り交ぜたダンドゥットらしい雑食性を発揮した、
かつてのダンドゥット・サウンドを活かしているところも、いいんだな。
イラマ・トゥジュフ・ナダのような温故知新ではなく、
今のシーンに息づくダンドゥットのヴィヴィッドな手触りを感じます。

Via Vallen "OM SERA" Pelita Utama no number (2017)
Nella Kharisma "SEBELAS DUABELAS" Pelita Utama no number (2017)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。