So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジャズ・サンバでリラクシン QAP

QAP  NA ESCUTA.jpg

もう1枚、ブラジルのジャズで、スゴいとかじゃなくて、
リラクシンなアルバムでお気に入りとなっているのが、こちら。

サンパウロの若手ギタリスト、アンドレ・ペローゾ率いるユニットのアルバムで、
ユニット名はカルテート・アンドレ・ペローゾの頭文字をとったもの。
トロンボーン、ベース、ドラムスという変則的なカルテットです。

ジャジーなジャズ・サンバを聞かせるグループで、
トロンボーンとギターという組み合わせが、ブラジルらしいというか、
ジャズ・サンバをやるのに、もってこいの相性といえます。
アンドレくんのギターは、オーソドックスなスタイルで、
ナイロン弦ギターでは、エリオ・デルミーロの影響もうかがえますね。

また、曲がいいんだな。全曲アンドレの作ですけれど、
メロディアスな曲揃いで、歌詞をつけて歌ものにしないともったいないくらい。
ジョアン・ドナートにオマージュを捧げた曲がありますけれど、
ドナートの作風にもつうじるものがありますね。
1曲サックスをゲストに迎え、ギターとのデュオ演奏するほかは
すべてカルテットによる演奏ですけれど、各曲すべて趣向が違っていて、
爽やかな後味を残します。

QAP "NA ESCUTA" no label no number (2018)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。