So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ルイジアナ・クレオールのロッキン・ケイジャン ジョーダン・ティボドー

Jourdan Thibodeaux et Les Rôdailleurs.jpg

すげぇ!
こんなごりごりの伝統ケイジャンが今日び聴けるなんて、奇跡的に思えますよ。
しかも歌っているのが、まだ31歳という若手フィドラーで、
これがデビュー作だというんだから、応援したくなるじゃないですか。

プリミティヴなケイジャンの味わいをまき散らす、ジョーダン・ティボドーは、
ルイジアナ州セント・マーティン郡サイプレス・アイランドという町の出身とのこと。
セントマーティン郡といえば、アメリカ合衆国の郡の中でも、
もっとも多くのネイティヴ・フレンチ・スピーカーの住人が暮らす土地柄。
サウス・ルイジアナでは、
年々ケイジャン・フレンチを話す人口が減っていると聞きますけれど、
音楽ではこういう若手がちゃんと登場するんだから、
ケイジャンの伝統は、脈々と受け継がれているということですよね。

このデビュー作で歌われているのも、もちろんケイジャン・フレンチ。
べらんめえ調の粗削りなジョーダンのヴォーカルは、原石の輝きを放っていて、
痛快ですねえ。パンキッシュな歌いぶりも、ロックぽいニュアンスより、
荒くれ者のケイジャンの姿を投影しているかのよう。
やけっぱちに歌う‘T'as Fait Ton Lit’ なんて、
声色も変わってやぶれかぶれなエネルギーをほとばしらせ、
強烈なキャラクターを露わにしています。

ジョーダンのフィドルをバックアップしているのが、
セドリック・ワトソンのアコーディオンに、ギター、ベース、ドラムスの4人組。
シンプルで引き締まったサウンドの逞しさは、痛快至極であります。
セドリック・ワトソンは、ジョーダンの先輩にあたるケイジャン・フィドラーですけれど、
ここでは後輩のためにアコーディオンに専念していて、‘Pas Paré’ 1曲のみ、
ジョーダンとフィドル・デュオを繰り広げていますよ。

ギターとドラムスは、曲によりコンビが交替しますが、
ドラムスのひとりジェイ・ミラーは、アコーディオンの名職人ラリー・ミラーの孫だそう。
ラリー・ミラーといえば、「ボン・ケイジャン」のブランド名で知られる
ケイジャン・アコーディオンの製作者で、
ケイジャン・フレンチ・ミュージック・アソシエーションを設立した中心人物の一人です。
メンバーも、ケイジャンの伝統を背負ったツワモノが揃っているわけですね。

レパートリーも本格的で、‘Blues Reconnaisant’ では、
ザディコのベースとなった、手拍子と足踏みによるコール・アンド・レスポンスの歌ジュレを
取り入れています。ブラック・クレオールのディープなルーツまで踏み込むあたり、
ルイジアナ・クレオール文化を伝承する気概を感じさせるじゃないですか。

ロスト・バイユー・ランブラーズやブルー・ランナーズといった先輩に続いて登場した、
ロッキン・ケイジャンのエネルギッシュなニュー・スター。
ライヴで踊りたいですねえ。誰か日本に呼んでくださ~い!

Jourdan Thibodeaux et Les Rôdailleurs "BOUE, BOUCANE, ET BOUTEILLES" Valcour VALCD0042 (2018)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。