So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

テランガが溢れた夜 エルヴェ・サンブ

20180615_Herve Samb_Teranga.jpg   20180615_Herve Samb_Teranga_Inner.jpg

ペイ爺さんに大感謝です。
エルヴェ・サンブの記事につけてくれたコメントのおかげで、
ライヴを見逃さずに済みました。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2018-06-01

6月15日、代官山の晴れた空に豆まいて。
いやぁ、スゴいライヴでした。
バンド・メンバー全員、セネガル屈指といえる名手が勢揃いしていて、
こんなに演奏力の高いバンドは、セネガル現地でも、ちょっといないんじゃないの。

サバールのアリュヌ・セックは、
セネガルの偉大なパーカッション・オーケストラ・リーダー、
ドゥドゥ・ンジャイ・ローズに捧げたソロ・プレイを披露するなど、
切れ味鋭い演奏を聞かせるほか、
タス(プレイズ・ポエトリー)も繰り出し、ドラマーのマコドゥ・ンジャイとともに、
ムチのようにしなやかで強靭なリズムを叩き出していました。

主役のエルヴェ・サンブはエレクトリックを封印して、
アクースティック・ギターで通したのは、
新作“TERANGA” お披露目のライヴだからなんでしょうね。
ベースのパテ・ジャッシは、ユッスー・ンドゥールやシェイク・ローのバンドの
ツアーやレコ-ディングへファースト・コールのミュージシャンで、
デトロイトを拠点にジャズ・ミュージシャンとしても活躍するスゴ腕ベーシスト。
ライヴではヨコ・タテのベース両刀使いで、
ソロで披露したテクニックには目を見張りました。
どうやらエルヴェは、パテからジャズを学んだみたいで、「ぼくの先生」と呼んでいました。

そして、一番の呼び物が、ヴォーカリストにアルファ・ジェンを連れてきたこと。
オーケストラ・バオバブの看板歌手で11年に亡くなったンジュガ・ジェンの息子です。
“TERENGA” のラスト・トラックで、生前のンジュガ・ジェンが歌っていて驚いたんですが、
やはりあのセッションがンジュガ・ジェンのラスト・レコーディングだったとのこと。
その曲を、息子アルファが歌ってくれるとは、グッとくるじゃないですか。

12864.jpg12895.jpg

そのアルファの歌いぶりの素晴らしさといったら、言葉がありませんでしたね。
グリオを思わせるパワフルな歌い声は、アフリカの伝統が誇る遺産そのものといえる響きで、
カンゲキが抑えられませんでした。
終演後にアルファに話を聞いたところ、オーケストラ・バオバブの新作
『ンジュガ・ジェンに捧ぐ』のヨーロッパ・ツアーに、
アルファは帯同して歌ったんだそうです。そちらも観たかったですねえ。

13023.jpg

エルヴェ・サンブのギターは、ジャズから学んだ運指やピック使いをするものの、
一方で、セネガルの伝統的な弦楽器ハラム(ンゴニと同じ弦楽器)のフレーズを
写し取ったプレイをしたり、曲のマテリアルに合わせて多彩な弾き分けをします。
こういうところに、ジャズを語法として学び取った新世代のしなやかさがありますね。
コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」が、
いつのまにかセネガル伝統色濃い曲にスイッチするメドレーなど、その白眉でした。

新作のレパートリーで通した今回のライヴは、
ジャズ色のないセネガル一色といった音楽だったんですが、
ハイライトは飛び入りしたタマ奏者でした。
ちょうどぼくの後ろの客席に座っていたセネガル人が、
おもむろに立ち上がってステージにあがり、タマを叩き出したのには仰天。

12951.jpg

そのタマの演奏の巧いことといったら! インタープレイも自在で、
ただもんじゃないぞ、この人誰と思ったら、終演後わかったことですけれど、
“TERENGA” にも参加していたサンバ・ンドク・ムバイとのこと。
そりゃあ、巧いわけだわ。
シェイク・ローのバックなどで、実力派タマ奏者として知られる有名人。
なんと今年の頭から日本に滞在しているとのことで、
サプライズ・ゲストとして登場したようなんですが、
おかげで、さらにセネガル伝統色の強いサウンドになりました。

サンバはエルヴェが駆け出しの頃から知っているらしく、
「こいつはギター小僧で、若いときから練習の虫だったんだ。
それが、セネガルのトップ・クラスのこんなスゴイ面子と
一緒にやるようになるなんて、スゴイぜ」とMCで感極まったように言っていました。
客席から先輩ミュージシャンが登場するという、嬉しいハプニングは、
ライヴの空気を一気にフレンドリーな場に変えて、
セネガルのおもてなし精神<テレンガ>を満ち溢れさせたのでした。

13090.jpg

Herve Samb "TERENGA" Euleuk Vision no number (2017)
コメント(2) 

コメント 2

ペイ爺

>ペイ爺さんに大感謝です。
そ、そんなー(照)。こちらこそいつも大感謝!です。どうしても都合がつかず行けなかったんですが、記事を読ませて頂いて当日の素晴らしい Live の雰囲気が良く伝わって来ました。

>コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」が、
>いつのまにかセネガル伝統色濃い曲にスイッチ

聴いてみたかったなー。

78年ごろ、当時流行りの Rock、Pops オンリーの NHK FM の夕方のリクエスト専門番組で、「たまには、JAZZもかけてください」ってハガキでリクエストして、メデタクかけて頂いた自分にとっては思い出深い曲なんです。

同じ頃の、John McLaughlin が Chick Corea、Stanley Clarke、Jack DeJohnette とColtrane へのオマージュ・Respect 全開っていう “Do You Hear The Voices You Left Behind?” も好きなんですが、Grégory Privat が Alibo や ViccaroとLiveでやった、天国の Coltrane が思わずニッコリするような超ヒョーキンで Funky なアレンジの「ジャイアント・ステップス」も、クスって感じで面白かったです。

同じ「ジャイアント・ステップス」を素材にしていながら、受ける印象がこんなにも違うのかってところに、今の時代の新しい息吹を感じます。
by ペイ爺 (2018-06-17 14:57) 

bunboni

ライヴ情報に疎くって、後になって知ることが多いもんだから、今回もそのパターンになる寸前でした。ありがとうございます!
by bunboni (2018-06-17 16:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。