So-net無料ブログ作成

南国リゾートのラウンジで ビバップ・バハマ

BeBop Bahama.jpg

マイアミから飛行機で、カリブ海をひとっ飛び。
カリブ海の一大リゾート地、バハマのナッソーのホテルに宿泊して、
ラウンジのバーでくつろいでいると、
ハウス・バンドのショウ・タイムが始まりました。

ビバップ・バハマの音楽を表わすなら、こんな感じでしょうか。
肩肘の張らない、イージー・リスニング・ジャズ。
ラウンジー気分で楽しめる、夏の夜の納涼盤であります。
久し振りに思い出して、棚から取り出してきました。

ビバップ・バハマは、スティール・ドラムをリーダーとする、
ヴィブラフォン、ベース、ギター、ドラムスの5人編成。
ヴィブラフォンとベースは、曲により交替する別の2人がいて、
7人の名がクレジットされています。

スティール・ドラムでジャズというと、
モンティ・アレキサンダーとオセロ・モリノーの共演や、
現在来日中のアンディ・ナレルを思い浮かべますけれど、
こちらは、もっとイージー・リスニング寄りのグループ。

レパートリーは“On The Sunny Side of The Street”
“Shiny Stockings” “Here's That Rainy Day” “In A Mellow Tone”
といった有名スタンダード曲が中心で、
グループ名にビバップを名乗るだけあって、
ガレスピーとパーカーの古典曲“Groovin' High” “Au Privave” を取り上げ、
カリプソにアレンジしたところがミソ。

選曲はいかにも凡庸で、典型的なBGM用の駄盤に思われがちですけど、
これがあにはからんや、なかなかいいんです。
スティール・ドラムをフィーチャーしたイージー・リスニングもので、
このビバップ・バハマは、頭一つ抜けた作品といえますね。

正直買う前は、あまりにヒドいジャケット・デザインに、ビビったんですどね。
コンピュターで書いたヘタウマならぬ、テキトーなグラフィックは、キッチュの極み。
スティール・ドラムとベースとドラムスが演奏するステージは、
カリブというよりポリネシアのイメージだし、
なんだかティキティキみたいな安っぽい南国風レストランみたいで、
聴く気も萎えるんですが、これは侮れない一枚です。

あ、ちなみに、メンバーは全員LA出身のミュージシャンです。
バハマのミュージシャンというわけではないので、あしからず。

BeBop Bahama "BEBOP BAHAMA" Sea Breeze SB3064 (2004)
コメント(3) 

コメント 3

としま

アンディ・ナレルも、僕の場合は、渡辺貞夫さんが自分のライヴ・ツアーでアンディのバンドをそのままそっくり起用したので知りました。スティール・パンだけでなく、キーボードも弾いたはず。何年だっけなあ?僕が院生のころです。
by としま (2017-08-02 00:00) 

としま

確か一曲目が「オレンジ・エクスプレス」で、そのソロを貞夫さんに続き、アンディがスティール・パンでやるのです。入る直前にリズム・ブレイクがあって、そこから。それがも〜う超カッコよくって。バンドにはアンディの人たち以外に、一人だけ貞夫さんが独自起用した野力奏一もいました。
by としま (2017-08-02 00:06) 

bunboni

貞夫さんは若手起用の天才ですからね。のちに有名となるプレイヤーのごく初期からいろんな人と共演していますよね。
今度来るナレルは、サケショーのメンバー、ミシェル・アリボ、マリオ・カノンジュ、ジャン・フィリップ・ファンファンで来てくれたら良かったんですけれども。
by bunboni (2017-08-02 05:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。