So-net無料ブログ作成

レー・クエンのフォロワー現る リン・リン

Linh Linh  GIẤC MƠ XƯA.jpg

こりゃ、オドロキ。
ついにレー・クエンのフォロワーが登場しましたよ。

ジャケットがレー・クエンのノスタルジック路線に通じるムードとなっていたので
(上の表ジャケではわかりにくいんですが、裏や中の写真が、もろにクラシカル)、
もしやと思って聴いてみたら、どんぴしゃ。
オープニングからゴージャスなオーケストレーションにのせて、
レー・クエンばりの情感溢れる歌が流れ出ます。

リン・リンことグエン・トゥイ・リンはハノイ出身の新人シンガーで、これがデビュー作。
老舗レーベル、タン・ロンが仕掛けたレー・クエンへの刺客、かどうかはわかりませんが、
レー・クエン人気にあやかった、二匹目のドジョウ狙いであることは確か。
なんせ全8曲中6曲が、レーの過去作で取り上げられた曲ですからね。
ちなみに、“Chiếc Lá Cuối Cùng” (“KHÚC TÌNH XƯA” 所収)、
“Sang Ngang” (“KHÚC TÌNH XƯA 2 : TRẢ LẠI THỠI CIAN” 所収)、
“Cô Đơn” “Xin Còn Gọi Tên Nhau” “Một Mình” “Nửa Hồn Thương Đau”
(“DÒNG THỜI GIAN” 所収)といった具合。

狙いすぎというか、お顔立ちまで似てるという、そっくりさんぶりにも驚きです。
レー・クエンより美人なのが嬉しい、なんちて♡
落ち着いた低音の温かみのある声は、狙っているというより、
同じ声質の持ち主ということなんでしょう。
もちろん、レー・クエンのような奥深い表現力や、
ぐーっと迫りくる情の濃さは及ばないとはいえ、
デビュー作でこれだけ豊かな情感を聞かせるのは、立派です。
レーが歌った曲を同じアレンジでカヴァーしながら、
レーの歌唱と比べても聞き劣りしないのは、大したものじゃないでしょうか。

サウンド・プロダクションも、レー・クエンのアルバムに完全に倣っていて、
オーケストレーションや泣きのアクースティック・ギター、艶やかなヴァイオリンの響きなど、
アレンジや楽器の配し方などは、完コピーといえるほどです。
デビュー作でこれだけ豪華な作りにするとは、タン・ロンの力の入れようが伝わります。

さらにこのCDには、全曲のPVを収録したDVDが付いていて、これまたハイ・クオリティ。
歌の世界をドラマ仕立てにしたヴィデオは、
セット、ロケーション、衣装のすみずみまで神経が配られた力作となっています。
う~ん、いいオンナですねえ。
胸の谷間を強調した黒のドレスに目を奪われ、
CDはお休みで、もっぱらDVDばかり観ております。

Linh Linh "GIẤC MƠ XƯA" Thăng Long no number (2014)
コメント(3) 

コメント 3

イワタニ

こんにちは。
レー・クエンのフォロワーですか。聴いてみたいけど、なんだか不安ですねぇ。というのは、最近ヴェトナムの女性歌手をいろいろ聴いてきましたが、ほとんどの人が私には耐えられないお声で歌うお嬢様方ばかりで、一発ビンタでもくらわしたろか!なんて気分でうんざりしてました。
レー・クエンのような自力で這い上がってきたような感じの歌い手は、今の時代ではヴェトナムでもなかなかいないようですね。
リン・リンちゃんがレー・クエンになれるとは思いませんが、私のベトナム女性歌手への最後の挑戦になるかも?
by イワタニ (2015-04-26 16:38) 

bunboni

うふふ。
人生、冒険しなきゃ、美味しいものには味わえませんよ。

普通、惚れ込んだ歌手のコピー歌手なんて、
ボロクソ評価になりそうなところですけど、
この人に関しては、ぼくの場合、違ったみたいです。
by bunboni (2015-04-26 17:25) 

イワタニ

うふふ。なんて、bunboniさんも厳しいですね。
頑張って冒険しているつもりですが、まだまだ忍耐力が足りませんね。チキショー!。
こうなりゃ、リン・リンちゃんがダメだったら、次はラン・ランちゃんだ!
お願いしますよヴェトナムさん!
でも、リン・リンちゃんがはたして入手出来るのか・・・?
by イワタニ (2015-04-26 18:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。