So-net無料ブログ作成

内戦の犠牲となった歌手たち ソフィア・ローザ、ダヴィッド・ゼー、アルトゥール・ヌネス、ウルバーノ・デ・カストロ

Sofia Rosa  RNA.jpg   David Zé  RNA.jpg
Artur Nunes  RNA.jpg   Urbano De Castro.jpg

ポルトガルは、アフリカ大陸に植民地を築いた最初の西欧国である一方、
アフリカ大陸から撤退した最後の西欧国でもありました。
フランス、イギリスと多くのヨーロッパ諸国が、
アフリカ植民地の独立運動に手を焼き、独立をしぶしぶ承認したにもかかわらず、
ポルトガルは最後の最後まで植民地を放棄しようとせず、
本国で革命が起きるまで、独立が実現することはありませんでした。

その結果、奪われた命は、アンゴラで5万人、モザンビークで1万人、
ギネア=ビサウで6千人という、凄惨な数字が積み上がります。
さらにアンゴラやモザンビークに至っては、独立直後から多数の勢力が争い合う内戦に突入し、
東西冷戦の代理戦争となって、さらに長い期間人々は戦禍にさらされました。

先日のアンゴラのリイシュー・シリーズにも、そうした内戦の犠牲となった歌手がいます。
75年に暗殺されたソフィア・ローザもその一人。
殺された正確な月日が不明のため、それが独立前のことなのか、後のことなのかわかりませんが、
アンゴラ解放運動(MPLA)の支持者だったソフィアは、
敵対する勢力、おそらくはアンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)によって暗殺されてしまいました。

女性と勘違いしそうな名前のソフィア・ローザは、
あけっぴろげな歌い方でパワフルなヴォーカルが胸をすく男性シンガー。
70年に初シングルをリリースし、その後7枚のシングルを残しました。
オス・コルヴォス、ンゴマ・ジャズ、オス・アストロスがバックを務めた
本CD収録の15曲が、おそらく全録音と思われます。
超高速のメレンゲや野性味のあるセンバのほか、
ファドの影響を感じさせるディープなラメントも聴くことができます。

このほか、独立後の77年5月27日のクーデター未遂事件に伴う、
不当逮捕の粛正によって殺されたダヴィッド・ゼー、アルトゥール・ヌネス、
ウルバーノ・デ・カストロがいます。
3人はアンゴラ解放運動(MPLA)の支持派として活動していました。

32歳の若さで殺されたダヴィッド・ゼーは、
70年代に14枚のシングルと75年のLP1作を残しました。
70年の初シングル“Kadika Zeka” から、軽やかに歌うダンス・チューンのセンバに、
深い味わいを醸し出す哀愁味のあるラメントなど37曲を収録した2枚組CDは、
彼の全貌を捉えた決定盤といえます。

アルトゥール・ヌネスは、粛正時まだ27歳でした。
72年から76年の間に残した12枚のシングルと、オムニバス盤に収録された2曲を含む、
アルトゥールの全録音が、2枚のディスクに収録されています。
葬儀で女性たちが歌う嘆き歌のコンバに影響を受け、ラメントを数多く書いたアルトゥールの歌は、
「魂の歌」と称され多くのアンゴラ人に愛されました。
「心霊術師」のニックネームを持つアルトゥールの哀感のこもった歌い口は、
ダンス・チューンのセンバでも泣きがあります。

また、アンゴラ国営ラジオ局制作のリイシューにはないウルバーノ・デ・カストロについては、
ポルトガルでリリースされた編集盤があります。
からっとした明るい歌い口が持ち味の歌手で、メレンゲがよく似合います。
ラメントも歌っていますが、アルトゥール・ヌネスとはだいぶ雰囲気が違いますね。

復刻された録音を聴くと、シングル盤からそのまま起こしたとおぼしきノイズも目立つので、
きっと原盤は内戦で消失し、残されていないんでしょうね。
あらためて若くして殺された歌手たちの歌を聴くほどに、
内戦がいかに苛烈だったのかを実感させられます。

前回記事に載せたマリッサ・J・ムアマンの著書には、
61~74年がアンゴラ音楽の黄金時代で、75~89年は「中断」の時代と表現されています。
ブダのアンゴラ・ポピュラー音楽の編集盤では、“56-70” “72-73” “74-78” “78-90”
“90s” という区切りで編集されていたように、独立とともにアンゴラ音楽の黄金時代は去り、
混乱の中で続いていたシーンも77年の3人の人気歌手の虐殺によって息の根を止められ、
国内の音楽シーンは消滅したのでした。
そしてアンゴラ音楽の舞台は欧州へと移り、ディアスポラたちによって継承されていくのですね。

Sofia Rosa "MEMÓRIAS" Rádio Nacional De Angola RNAPQ8
David Zé "MEMÓRIAS" Rádio Nacional De Angola RNAPQ19
Arthur Nunes "MEMORIAS" Rádio Nacional De Angola RNAPQ20
Urbano De Castro "REVIVER" Sons D’África CD0285.2
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。