So-net無料ブログ作成

バンドリンとギターの至芸 アミルトン・ジ・オランダ

Yamandu Costa & Hamilton De Holanda  LUZ DA AURORA.jpg   Marco Pereira & Hamilton De Holanda  LUZ DAS CORDAS.jpg

あけましておめでとうございます。

新年を迎えても、抱負や目標なんて持ったためしのない人間なので、
あいかわらずステキな音楽との出会いだけを待ち望む、
ミュージカホリックな一年を過ごすと思いますが、よろしくお付き合いください。

天才アミルトン・ジ・オランダのバンドリンを聴きたくなって、
ちゃんと聴かないままだったアルバムを試してみようと、
7弦ギタリストのヤマンドゥ・コスタとのデュオ・ライヴを取り出したら、
あれ、このアルバム、こんなに良かったっけかと、印象激変。
年の暮れから年明けと、すっかりヘヴィ・ローテーションとなっております。

アミルトンがギタリストとデュオをしたアルバムでは、
マルコ・ペレイラとの00年の共演作“LUZ DAS CORDAS” が一番好きだったんですけど、
ヤマンドゥと共演した本作は、あのアルバムとはまた別の良さがあります。
“LUZ DAS CORDAS” では、マルコ・ペレイラのエッジの立ったタッチが、
アミルトンのシャープなプレイと相乗効果をあげて、
キレッキレのサウンドを生み出していたのに対し、
ヤマンドゥとの共演では、二人の天才が心技体を最高度に錬成したプレイを聞かせます。

最初聞いた時に強い印象を残さなかったのも、マルコ・ペレイラとの共演盤のような、
若い才能をギラギラさせて、丁々発止のインタープレイをした派手なパフォーマンスとは、
ひと味もふた味も違っていたからですね。
ヤマンドゥとのパフォーマンスは、相手との間合いを詰めながら、
両者がインプロヴァイズするところに深みがある、いわば玄人好みな内容。
自分の持てる技を爆発させるのではなく、共同作業によって作品を完成させようとする、
演奏の集中力と緊張感が聴きどころとなっているんですね。

このライヴ盤もまた、アミルトンの傑作のひとつに数えられますねえ。
デジパック仕様のエルドラード盤は廃盤になってしまいましたが、
現在は簡素なペーパー・スリーヴ仕様のインディ作で再プレスされています。
また、アメリカでも本作はリリースされていて、
ステージで二人が観客の喝采を浴びているシーンらしき、
いい感じのショットがジャケットになっています。
う~ん、アメリカ盤も欲しくなっちゃうなあ。

Yamandu Costa & Hamilton De Holanda "LUZ DA AURORA" Estúdio Eldorado EN592022 (2009)
Marco Pereira & Hamilton De Holanda "LUZ DAS CORDAS" no label no number (2000)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。