So-net無料ブログ作成

蘇るドローレス・ドゥランの官能 ニーナ・ベケール

Nina Becker  MINHA DOLORES.jpg

ああ、この声。こういう声に弱いんですよね。メロメロになってしまいます。
柔らかな発声、決して声を張らない歌いぶり。
この声で歌われる慈愛や母性に満ち溢れた歌は、
すべてを子守唄にしてしまうかのよう。
つぶやくように歌う“Vou Chorar” のデリケイトなヴォーカルの美しさは、
もう昇天ものです。

オルケストラ・インペリアルでフロントを務めるニーナ・ベケール、
10年に2作同時リリースしたというソロ・デビュー作は未聴で、
3作目にあたる今作でニーナをはじめて聴きましたが、
落ち着いたアルト・ヴォイスの魅力にとりことなりました。

本作は、ボサ・ノーヴァ誕生前夜に亡くなってしまった名女性歌手
ドローレス・ドゥランにオマージュを捧げたアルバム。
ドローレスが歌ったサンバ・カンソーンを、バンドリンと7弦ギターの二人をバックに、
ショーロの香り高いサウンドで歌っています。
パーカッション、エレピ、ギターのゲストが一部で加わるのも、
良いアクセントになっていますね。
シンプルなアレンジで、ニーナの歌の魅力を前面に打ち出しています。

ドローレスのクールな官能性を、21世紀の今に蘇らせたような本作、
ドローレス・ファンはもちろん、女性ヴォーカル・ファンに広くオススメです。

Nina Becker "MINHA DOLORES : NINA BECKER CANTA DOLORES DURAN" Joia Moderna 25 (2014)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。