So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バラディアーの肖像 サー・チャールズ・ジョーンズ

Sir Chares Jones.jpg

わお! 出だし一発で、こりゃ傑作と確信しましたよ。
マイ・フェバリット・ソウル・シンガー、ウィリー・クレイトンのレーベル、
エンドゾーンからリリースされた、サー・チャールズ・ジョーンズの新作。

マーヴィン・シーズの秘蔵っ子として00年にデビューしたサー・チャールズ、
本作でもう8作目を数えるんですね。もう若手シンガーとはいえないな。
今や「キング・オヴ・サザン・ソウル」という称号まで得た、
熱いソウル・ヴォーカルを聞かせる人です。

ステッパーなどコンテンポラリーなサウンドで包みながらも、
しわがれたヴォーカルには南部の香りが漂い、
チタリン・ソウル・ブルースの背骨がくっきりと浮き立った作品といえます。
これぞインディ・ソウルの鏡といいたくなりますね。

御大ウィリー・クレイトンとデュエットした“Do You Feel” の濃厚さなんて、どうです。
ウィリー相手に堂々と渡り合い、時にウィリーを圧倒する歌いっぷりに、いやあ、ホレボレします。
さらに、ウィリー・クレイトンの10年作“THE VOICE”の
“Beautiful” をカヴァーした“So Beautiful” の仕上がりときたら、
ウィリーのオリジナルを完全に食ってしまっているんだから、オドロキもの。
バックトラックをそのまま使わせたウィリーも、これにはびっくりしたんじゃないですかねえ。
それともヴェテランの余裕で、後進の活躍ぶりに目を細めたかな。

ミディアム/スロー中心にじっくりと聞かせた本作、
この秋は、ケムの新作ととっかえひっかえ聴くことになりそうです。
あぁ、至福♡

Sir Charles Jones "PORTRAIT OF A BALLADEER" Endzone Entertainment no number (2014)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。