So-net無料ブログ作成

タイ式風俗歌謡ロック・ショー チャ・カンヌー

Ja Kunhoo  NOO AOW YOO.JPG

カーオティップ・ティダーディンの新作以上に、インリー・シーチュムポンへ入れ込んでしまい、
珍しくもベタな歌謡ロック・サウンドに盛り上がっている今日この頃。

ベタな音楽でふと思い出したのが、あまりに下品なエロぶりに、
1回聞いただけで投げ出したルークトゥンの新人チャ・カンヌー。
歌の途中で、あからさまなあえぎ声が飛び出す曲があるんですよ、これ。
上の部屋の娘に聞こえたら、どーすんだよと、あわててヴォリューム下げましたからね。

その後、レコオヤジさんがブログに「気になるジャケ」とこのCDの写真を載せているのを見つけ、
なるほど、こりゃ確かにレコオヤジさん向き、お譲りしようかなと思って、
もう一度聴いてみたら、あら、不思議。印象が一変。
徹底したエンタメ根性が清々しく思え、すっかり気に入ってしまいました。
インリーのベタな歌謡ロック・サウンドを、ヘヴィー・ローテーションにしていた効果ってわけです。

このCDにはオマケでVCDも付いていて、これがまた強烈。
ショー・パブのフロア・ショーよろしく、ビキニのお姉さん十数名と一緒に踊りまくるエロ・ダンス。
うへぇ、下品、と萎えるか、うひょーと盛り上がるかは、こちらの体調次第(?)という感じもしますが、
イロモノ・シンガーに徹したチャのプロ根性に感服いたしました。
このアルバムのライヴDVDも出ていると聞いてがぜん興味が湧き、
ついでにデビュー作も一緒にオーダー。

Ja Kunhoo  CONCERT  NOO AOW YOO.JPG

すごいよー、このライヴ。中身はカヴァーを見ての通りなんだけど、
デビューしてまもない新人とは思えない、堂々たるパフォーマンス。
キレのいいエロティックなダンスに、男前なMC、
客あしらいも昨日今日この世界に入ったわけではないだろう、板に付いたもの。
客をステージに上げてダンスをさせてみたり
コンドームを取り出し、風船のようにふくらませたりと、やりたい放題。

スローなルークトゥンでは、踊りまくったあとで息も上がってしまい、
歌いぶりが少々不安定になるところもナマナマしく、その臨場感に引き込まれます。
男女の性欲を戯画化するかのような歌謡ロック・ショーぶりは、
どこまでも淫靡な風俗営業そのもので、飛び散る汗とむせ返る体臭に圧倒されるばかり。

Ja Kunhoo  NOO CHOB RAD.JPG

キャッチ・バーの極悪ホステスみたいなセカンドに比べ、
デビュー作は、入店したばかりのニュー・フェイス風なあどけなさで写っていますが、
どちらも同じ今年の作。バカバカしいまでのアゲアゲ・サウンドにユーロビートな音づくりは、
かえって毒々しさがアク抜きされているかのようで、不思議と耳ざわりじゃありません。
こちらにも例のあえぎ声入りの“Kun Hoo” が入っていて、
なるほどこれが、チャのテーマソングになっているわけですね。

お下劣を芸にしたといえば、インドネシア、ダンドゥットのイヌル・ダラティスタが看板とした
ドリル腰でしたけど、チャ・カンヌーのあえぎ芸はその上をいくかも。
下品も突き抜ければこの境地まで達するというか、性根の座ったプロ魂に完敗です。

[CD+VCD] Ja Kunhoo "NOO AOW YOO" EVS Music EVS3-0541 (2012)
[DVD] Ja Kunhoo "CONCERT : NOO AOW YOO" EVS Music EVR3-0049 (2012)
Ja Kunhoo "NOO CHOB RAD" Krung Thai KTD371 (2012)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。