So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キュートでも本格的なムラユ エマリア・アブドゥラー

Emalia Abdullah  RINDU YANG MENGGEBU.JPG

シティ・ヌールハリザやノラニーザ・イドリスたちが競い合うように歌っていた、
ひところのムラユ・ブームもどこへやら、すっかり今では、
マレイ伝統歌謡の新作を目にすることもなくなってしまいました。
そんなごぶさた続きのところに届いたのが、インドネシア人女性シンガー、
エマリア・アブドゥラーによるムラユ・アルバム。

マレイシアのミュージックランドからのリリースで、
マレイシア向けに制作されたアルバムのようですが、
これが久しぶりの快作で、嬉しくなってしまいました。
若々しく可憐な声の持ち主で、それもそのはず、これがデビュー作とのこと。
ジャケット写真の落ち着いた雰囲気のマスクとは、ちょっと違った印象の声です。
おおらかにうねるリズムにのって、涼しげな声でのびのびと歌っていて、
申し分のない歌唱力ですね。

哀愁のマイナー・メロディを彫り深く聞かせる、厚みのあるオーケストレーションもゴージャス。
艶やかなヴァイオリンと軽やかなアコーディオンをフィーチャーし、
プロダクションも往年のスリア・レーベルに劣らぬもので、聴き応え十分です。
プロデューサーのリチャード・ロックヨトという人が、1曲を除く全曲を作曲しているんですが、
この人はマレイシア人なんでしょうか。
マレイシア伝統歌謡シーンの大ヴェテラン、S・アタンやパック・ンガに劣らぬ実力で、
この人の名前は覚えておいた方がよさそうです。

2年前のリリースながら、インドネシア人歌手のせいで話題にならなかったんでしょうか。
これほどの力作アルバムが、ロクに知られぬまま埋もれてしまうのは、あまりに残念です。

Emalia Abdullah "RINDU YANG MENGGEBU" Musicland 51357-71342 (2010)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。