So-net無料ブログ作成

沸騰するンバラ アブ・チュバロ

Abou Thioubalo.JPG

セネガルのンバラ、絶好調です。
ヨーロッパの配給先が撤退してしまったため、セネガル盤がほとんど国外に流通せず、
ここ10年近く、現地シーンをまったく知らずにすごしてきましたけれど、
近作をまとめて入手することができ、その充実ぶりに目を見張りました。

まっさきにヴィヴィアンのアルバムを紹介しましたけど、ほかにも力作が目白押し。
感心させられたのは、ヴェテランばかりでなく、聞いたことのない名前の新人たちが、
こぞってアルバムをリリースしていたこと。その内容がいずれもすばらしいのだから、
いかにンバラのシーンが沸騰しているかわかろうというものです。

最新ヒット曲のPVを集めたDVDも手に入れたんですが、次々と知らないシンガーが現れ、
歌にダンスに個性あふれるパフォーマンスを繰り広げていて、豪華絢爛そのものでした。
その中の1曲、ウスマン・セックのクリップでは、セネガルの伝統衣装に身を包んだ
日本人女性ダンサーたちがダンスしまくっていて、あっけにとられました。
セネガルのPVに出演するとは、最近の日本人の活躍ぶりにおそれいるばかりです。

アブ・チュバロという名の男性シンガーも初めて知りましたが、
くぐもったスモーキー・ヴォイスでパワフルに歌う、すばらしいシンガーです。
79年ダカール郊外のピキンの生まれというので、
デビュー作とおぼしき09年の本作は、ちょうど30になるかならないかという年齢ですね。

力のこもったアブの歌声をバックから煽る、伴奏陣のはじけっぷりも申し分なく、
パーカッシヴなンバラの魅力を満喫できる傑作に仕上がっています。
よくしなるビートとシャープなブレイクの対比も鮮やかで、
サバールとタマが連打されるアンサンブルもド迫力です。

打ち込みを使わない生演奏で、これほどイキイキとしたプロダクションを聞かせるのは、
世界広しといえ、ここセネガルぐらいなものじゃないでしょうか。

Abou Thioubalo "SOLUTION" Prince Arts no number (2009)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。