So-net無料ブログ作成

ソンガイ・ブルース シディ・トゥーレ

Sidi Toure  Koima.JPG

マリのソンガイ人歌手シディ・トゥーレの再始動が、いよいよ本格化の兆しでしょうか。
96年にスターンズが配給した“HOGA” 以降、まったく音沙汰がなかったのに、
昨年“SAHEL FOLK” を突如リリースしたと思ったら、立て続けに新作が届きました。

ソンガイ人歌手といえば、世界的にもっとも有名なのはアリ・ファルカ・トゥーレですけど、
アリは伝統的なソンガイの音楽性より、
独自のブルースを咀嚼した音楽を前面に打ち出してきた人なので、
ソンガイの味わいを求めるなら、このシディ・トゥーレや
大御所の故イブラヒム・アンマ・ジッコを聴くのが一番です。

本作はシディが弾くアクースティック・ギターに、濁った音色が味わい深い一弦フィドルのソク、
半分に切ったひょうたんを拳で叩くカラバシのほか、リード・ギター、ベース、
そしてややクセのある甲高い声の若い女性コーラスとともに歌っています。
ソンガイ・サウンドの特徴を一言で言うと、
砂漠のブルースとワスル・サウンドをミックスした感じといえば、わかりやすいでしょうか。
ブルージーだけど、カラッとした明るさのある民謡調メロディが、日本人の心によく馴染みます。

日本の田舎の風景が思い浮かぶような5音音階のメロディでのどかなサウンドを聞かせるのは、
イブラヒム・アンマ・ジッコの得意とするところでしたけど、
シディはもっとファンキーというか、ごつごつとしながらも軽やかなグルーヴの持ち主。
本作は「ソンガイ・ブルース」と呼びたい、
交易都市ガオ出身のソンガイ人アーティストならではのアルバムに仕上がっています。

アフリカン・フェスタの企画担当者のみなさん、
招聘ミュージシャンの候補にシディ・トゥーレ、いかがです?

Sidi Touré "KOÏMA" Thrill Jockey THRILL301 (2012)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。