So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

70年代エチオ・サウンドの再現 デレブ・ジ・アンバサダー

Dereb The Ambassador.JPG

年末にCDショップでかかっているのを聴いてぶっとんだ、
エチオピア人シンガーをフロントに立てたメルボルンのバンド、デレブ・ジ・アンバサダー。
オーストラリアからエチオピア音楽のバンドが登場するとは、思いもよりませんでしたねぇ。

Pヴァインから出ているのは国内プレス盤だったので、
オリジナル盤を求め、オーストラリアのオンライン・ショップを四方八方探し回るハメに。
結局入手するまで、ふた月近くかかってしまいました。
直輸入盤にオビ・解説付きで出してくれりゃあ世話ないのに、
オリジナル盤でないと気がすまないのは、われながら因果な性分であります。

それにしてもエチオピア音楽は、すっかりユニヴァーサルなものとなりましたね。
アフロビートの次はエチオ・サウンドだとばかりのイキオイで、
ヨーロッパ各地からエチオ・ジャズのバンドが次々と登場しましたけど、
このバンドはかなりの本格派というか、マニアックなまでの懐古派です。

エチオピア音楽黄金時代の70年代サウンドを再現したサウンドで、
アレマイユ・エシェテ、テラフン・ゲセセ、マハムード・アハメッドなど
往年の名歌手たちのレパートリーを取り上げているんだから、たまりません。
エチオピア人歌手をフィーチャリングしているバンドも数あれど、
フロントを務めるデレブ・デサレンのソウルフルな歌声は抜きん出ています。

そして、デレブのオリジナル曲2曲が黄金時代の名曲に劣らぬ仕上がりというもの、頼もしい限り。
5管のホーン・セクションを従えたバンドの演奏力も高く、
ピアノやオルガンの音色や録音を含めた往年のエチオ・サウンドの完コピぶりは、微笑ましいほど。
エチオピア音楽へのホレこみぶりがびんびん伝わってきて、同慶の至りです。

Dereb The Ambassador "DEREB THE AMBASSADOR" Other Tongues OTH94007 (2010)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。