So-net無料ブログ作成

シーラ・マジッド再始動

Sheila Majid The Malaysian Philharmonic Orchestra.JPGマレイシアのポップ・クイーン、
シーラ・マジッドが完全復活です。
ここ10年近く、どうもぱっとしないというか、
はっきりいって低迷していたシーラですけど、
昨年のデビュー25周年を機に、
ようやく本格的な活動を再開させ始めましたよ。
過去のアルバムをまとめた8枚組記念ボックスを
挨拶代わりに出したかと思えば、
昨年10月にはマレイシア交響楽団を従えた
25周年記念コンサートを行い、
今年初めに2枚組ライヴ盤をリリースしました。

85年のデビュー作“DIMENSI BARU” から
04年の近作“CINTA KITA” まで、
過去のヒット曲を万遍なく歌い、
まさしく「ベスト・オヴ・シーラ・マジッド」といいたい内容。
シーラをずっと聴いてきたファンなら、胸の高鳴らない人はいないでしょう。
それをゴージャスなオーケストラ・アレンジで聴けるんだから、もう最高です。
シーラも高揚していて、曲間のMCは興奮を抑えきれない様子でシャウトまでするほど。
それでも歌声は、昔と変わらぬふくよかな美声を聞かせてくれます。
特にフィナーレの“Sinaran” は感動的で、胸が熱くなります。

80年代に登場したシーラは、
それまでのマレイシアにないタイプのポップ・シンガーでした。
当時大流行のダンドゥットを嫌った、クアラルンプールの都会育ちのお嬢さん歌手で、
経済成長とともに拡大していたマレイシアの中産階級が求めた歌手だったともいえます。
ダイアナ・ロスやアニタ・ベイカーなどが好きという、典型的な洋楽志向の歌手で、
いわゆるコンテンポラリーなポップスを歌っていたのですが、
マレイシアにはこういうポップスが存在しなかったために、
「ジャズ・シンガー」という表現もされていました。
もちろんシーラはジャズを歌っていたわけではなく、
ジャズ・イコール・洋楽的洗練を意味していたのですね。

しかし、こうした洋楽的な洗練は、
シーラがマレイシア初だったわけではもちろんありません。
よく知られているとおり、50~60年代にP・ラムリーやサローマが、
アメリカのポップスやジャズにラテンをふんだんに取り入れた
魅力的な音楽を生み出していました。
したがってシーラの登場は、マレイシア歌謡が持っていた
洋楽的洗練の方向性をもう一度指し示したものであって、
その証拠が90年に出したP・ラムリー曲集“LEGENDA” の大ヒットであったといえます。

Sheila Majid Memori Aidilfitri.JPG

そのシーラが25周年記念コンサート・ライヴに続いてリリースしたのが、
イスラム教徒の断食明けを祝うハリラヤ曲集というのは、意表を突かれました。
もちろんP・ラムリーやサローマもハリラヤ・ソングを歌っていたとはいえ、
コンテンポラリー/フュージョン志向の強いシーラが、
典型的なマレイ・ポップのハリラヤ集を出すとは意外でした。
20代の頃だったら、歌わなかったろうなあ。

マレイシア歌謡の女王シャリファ・アイニが歌った“Suasana Di Hari Raya” や、
マレイシア最高の女性歌手サローマが歌った“Selamat Hari Raya”
(同タイトルの2・4曲目ではなく8曲目の方)といったハリラヤ・ソングを、
ラテン・ジャズや70年代クロスオーヴァー風のアレンジなどにのせて歌っています。
シーラの今の旦那さんのアチスがプロデュースを務めていて、
前の旦那ロズラン・アジズと比べ、
プロダクション・センスがイマイチ古臭い感はありますけど、
まあ往年のファンなら、目をつぶってくれるでしょう。
盟友ジェニー・チンがアレンジとキーボードで参加した美しいラストの新曲まで、
シーラの特徴である、口の中でまろやかにふくらむ声にトロけます。

さらに、シーラは“RATU JAZZ” というタイトルの2枚組もリリースしていて、
96年の最高傑作“RATU” をジャズにリアレンジして制作したアルバムかと、
色めきたって購入したところ、これはただのベスト盤だったという、ああ勘違い。
ファンのみなさんはお気をつけください。

Sheila Majid "THE MALAYSIAN PHILHARMONIC ORCHESTRA CELEBRATES 25 YEARS OF SHEILA MAJID" Sony Music 88697954552 (2011)
Sheila Majid "MEMORI AIDILFITRI" Magada Entertainment/Warner Music 5249884552 (2011)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。