So-net無料ブログ作成

リマのグァルディア・ビエハ

De familia Pureza de una tradición Vol I. Valdelomar - Dávila.jpg   De Familia Pureza de un Tradición. Vol II. Castillo - Terry.jpg

サヤリー・プロダクションが“LA GRAN REUNION” シリーズの前に手がけた、
“DE FAMILIA” シリーズの2枚のアルバムをはじめて聴いた時は、それは大カンゲキでした。
オールド・リマのヴィンテージなクリオージョ音楽が、21世紀の今聴けるだけでも驚きなのに、
それがこれほどいきいきと響くのだから、奇跡的にすら思えたものです。

そのサヤリーの記念すべき1枚めが、バルデロマール家とダビラ家の音楽家たちによるアルバム。
05年から06年にかけて録音され、08年にミックスとマスタリング、
09年になって世に出るという、時間をかけてじっくりと制作されたものです。
バルデロマール家の3人が歌・コーラスと打楽器を担当し、
ダビラ家の3人がギターの伴奏を務め、クリオージョ音楽のグァルディア・ビエハ時代ともいえる、
30年代から代々伝わってきた歌を披露してくれます。

古いマリネーラ・リメーニャに特徴的な、
豊かな声量で遠くへ投げ放つように声を張り上げる、ヴォーカルのダイナミクスが格別。
年長の古老の枯れた声もたまらない味わいがあって、胸に迫ります。
現在ではほとんど聞かれなくなったカスタネットが使われているところも、また泣かせます。
本作にエンハンストで付いている14分を超すヴィデオを観ると、
当意即妙なやりとりに、もっとも純度の高い大衆音楽の理想型を見るようで、
これこそグァルディア・ビエハという思いがします。
グァルディア・ビエハとは、伝統の守護者や守旧派といった意味で、
旧い世代のタンゴの音楽家を指すのと同じ言葉。
ブラジルのヴェーリャ・グアルダと同じ意味ですね。

そしてもう1枚は、カスティージョ家とテリー家の音楽家たちによるアルバム。
歌・コーラスを務めるカスティージョ家は、二人の古老とその子供で、
ギターを担当するテリー家の3兄弟は、カスティージョ家の子供と同世代。
前のバルデロマール家とダビラ家と比べると、ぐっと平均年齢が下がったせいか、
若々しい潤いに満ちた歌声が中心となっていて、歌の表情もぐっとまろやか。
前のアルバムが古典時代の再現ならば、こちらは伝統の継承をテーマとしているように聞こえます。

どちらのアルバムも、全曲歌詞入り、カラー写真満載のブックレットが付いていて、
愛情深く、丁寧に制作されています。
リマの街角に暮らす市井の人々が継承してきた伝統が、ひしひしと伝わってくるアルバム、
ホンモノの味わいを求める人に、ぜひおすすめしたいですね。

Familias Valdelomar Y Dávila "DE FAMILIA : PUREZA DE UNA TRADICIÓN" Sayariy Producciones/Enjundia 7753218000029 (2009)
Familias Castillo Y Terry "DE FAMILIA : PUREZA DE UNA TRADICIÓN" Sayariy Producciones/Enjundia 7753218000043 (2009)
コメント(2) 

コメント 2

土木作業員

いや~ズバリその魅力を捉えた表現で100%その通りです!こんなにも豊潤で美しい音楽を普通に産み出す大衆って、凄いのは元々知ってるけど、改めて何なんだって謎が深まるばかりです。

カスティージョ家盤は知りませんでした。絶対ほすい~!
by 土木作業員 (2010-09-19 16:42) 

bunboni

コクの深さではバルデロマール家には譲るものの、カスティージョ家のまろやかさも格別です。土木さんの趣味にどんぴしゃですよ!
by bunboni (2010-09-19 16:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。