So-net無料ブログ作成

チャーリー・パットンの全身写真

Charley Patton.JPG

7年前に発見されたチャーリー・パットンの全身写真をあしらったコンプリート集。
「コンプリート」に食指は動かなくても、
この全身写真にはたまらず、即買ってしまいました。

これまでチャーリー・パットンの写真といえば、
粒子の粗いバストアップの写真しかなかったので、
いきなりこの鮮明な全身写真が出てきた時は、ホントに驚きましたね。
ギターを手にしていたのにも、おおっ、と思いましたが、
さらに驚愕だったのが左手のフォーム。
指板を逆バレーする人差し指に、なんじゃこりゃ、とのけぞりました。
エンタテイナーでもあったという、パットン一流のハッタリだったのでしょうか。
あ、でも、サン・ハウスもこんな荒技を使っていたような…。

それにしても、パットンの指も細長くてきれいですねえ。
その昔、長年謎とされてきたロバート・ジョンスンの写真が公開された時、
初めて目にしたその顔以上に、左手の細長い指の美しさが印象的でした。

思い起こせば、チャーリー・パットンを聴いたのは高校1年生の時、
乏しいこづかいの中から買った、オリジン・ジャズ・ライブラリー盤が最初でした。
買ったのは、新宿のディスクユニオンの地下。
LPが置かれていたコーナーの場所も鮮明に記憶してます。
どきどきしながら針を落とし、
すさまじいSPのノイズ音が始まったのにはびっくりしたものです。
パットン以前にも戦前ブルースは聴いていましたけれど、
これほどひどいノイズは初めてでした。
まるで大雨が降ってるようなノイズに、
こりゃ大失敗かと一瞬ガクゼンとしたものですが、
そのあと飛び出てきたパットンの強烈なダミ声と、
弦を激しく叩きつけるギターに、イッパツでウチ抜かれましたね。

当時は、同級生がディープ・パープルだの、吉田拓郎だのといってる時代でしたから、
こんなノイズまじりの戦前ブルースを聴いてるなんざ、完全に変人中の変人でした。
いくらブルース・ブームといったって、高校生には縁のない話でしたし、
スリーピー・ジョン・エスティスとロバート・ジュニア・ロックウッドがやってきた
第1回ブルース・フェスティバルよりも前のことですからねえ。
家に遊びに来る同級生の友だちに無理やり聞かせては、いやがられたもんです。アハハ。

オリジン・ジャズ・ライブラリーだの、バイオグラフだの、ヤズーだのと、
アメリカのコレクターズ・レーベルのレコードを1枚、また1枚と買っては、
それこそブルースを身体に染み込ませるように聴いたあの頃が、
一番熱心にブルースを聴いた時期でした。
その後CD時代になって、ドキュメント盤を中心に相当数のCDを買い直しましたが、
その愛着度合いでいったら、レコードとは比べ物になりません。
そのドキュメント盤を大量に買ったのも、もう20年も前のことで、
戦前ブルースのCDを買ったなんて、ほんとにずいぶんひさしぶりのことです。
パットンのブルースは、いつ聴いてもなまなましくリアルで、
さんざん聴いたオリジン・ジャズ・ライブラリー盤より、SPノイズもだいぶ改善していて、
一気に3枚組を聴き通してしまいました。

チャーリー・パットン 「ザ・コンプリート・レコーディングス」 Pヴァイン PCD18632/4
コメント(2) 

コメント 2

ogitetsu

確かにパットンはお洒落ですね。髪もきちんと梳かしてますし。
こんな人が歌うと、だみ声でパッチンパッチンとギターを弾くわけですから、これもショックの一つかな。
僕も時たま思い出したように聞いたりします。
オギ
by ogitetsu (2010-07-13 20:41) 

bunboni

悲壮な“High Water Everywhere”のように、
重々しいデルタ・ブルースが真骨頂であることは間違いないですけど、
ぼくはカントリー・ダンスのコミカルなパットンも大好きです。
by bunboni (2010-07-13 21:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。