So-net無料ブログ作成
検索選択

アブストラクト・ヒップホップ・ジャズ スティーヴ・リーマン

Steve Lehman & Sélébéyone.jpg

コロンビア大学で博士号取得をした、アルト・サックス奏者のスティーヴ・リーマン。
超知性派フリー・ジャズの人、というくらいのことしか知らなかったんですが、
セネガル、ダカールのアンダーグラウンドなヒップホップ・シーンで活動する
ラッパーをフィーチャーしているという新作を聴いてみて、ビックリ。
こんな面白いジャズをやってた人だったのか。

ヒップホップのビートとジャズを、
「融合」というより「ぶつけ合った」といった印象の本作。
グループ名とタイトルに付けた「交差点」というウォロフ語が意図する通り、
アメリカ人ラッパー、セネガル人ラッパー、アメリカ人サックス奏者の3者が、
国籍やジャンルを越えたガチンコMCバトルを繰り広げています。

グラスパー一派のヒップホップとジャズのアプローチが、
ちっとも面白く聞こえないぼくにも、これは面白く、新鮮でしたね。
スティーヴのサックスのブロウと、ラッパーのフロウが同等に絡んでいて、
ラップをフィーチャーするとか、バックトラックとソロイストといった関係でなく、
スリリングなMCバトルをしているのは、まさにヒップホップのフリースタイルであり、
フリー・ジャズのインプロヴィゼーションでしょう。

リズム・アプローチも多彩で、スティーヴ・コールマンのファイヴ・エレメンツを
グレード・アップしたようなアンサンブルは、すごく刺激的です。
ただ、全面的にかっこいい!とハシャゲないのは、
エレクトロを駆使して作り込んだサウンドが、ウザいと感じる場面も多いから。
ソプラノ・サックス奏者作の陰鬱な曲も、ちょっとウンザリだなあ。
やっぱ、この人、アタマ良すぎるのが災いしてるような。

Steve Lehman Octet  MISE EN ABÎME.jpg

むしろ、前作のオクテット編成の方が、ぼくは好みでした。
作曲と即興を緻密に織り上げた作品で、
スティーヴのブロウにタイショーン・ソーリーのドラムスがぴたりと合わせていったり、
いわゆるジャズ的快感に満ち溢れていて、かっくいい~♪
スティーヴのアルトの太い音色もいいよなあ。
なんだかエリック・ドルフィーの生まれ変わりを見るようで、ホレボレとしちゃいましたよ。

いや、これ、2014年のジャズの大傑作じゃないですか。
もっと前に聴いてれば、ぜったい年間ベストだったのになあ。

Steve Lehman & Sélébéyone "SÉLÉBÉYONE" Pi Recordings no number (2016)
Steve Lehman Octet "MISE EN ABÎME" Pi Recordings no number (2014)
コメント(0) 
メッセージを送る