So-net無料ブログ作成
検索選択

街の声・山の音楽 ロサ・グスマン

Rosa Guzmán León Y Rolando Carrasco Segovia.jpg

いったい、どれくらい聴いたかなあ、ロサ・グスマンの2枚組。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2011-12-17
伴奏はギターとベースだけという地味なアルバムで、
しかも2枚組というヴォリュームにかかわらず、
半年間くらい毎日聴き続けたもんなあ。
この人の滋味な歌声には、ホントに惚れこみましたねえ。

そんな夢中になったロサ・グスマンですけれど、
その後音沙汰なくって寂しく思っていたら、嬉しい新作が届きました。
デビュー作がジャズ・ミュージシャンを起用した新感覚のクリオージョ音楽だったので、
今度はオーセンティックなクリージョ音楽で迫るのかなと思っていたら、
意外や意外、なんと「街の音楽(クリオージョ音楽)」ではなく、
「山の音楽(アンデス山岳地帯の音楽)」ウァイノを歌っているのでした。

これにはびっくりですね。
バリオという生粋のクリオージョ文化の中で育った人なのに、ウァイノも歌えるとは。
思えば、ロサがデビュー作で聞かせた魅力といえば、
バリオ育ちのクリオージョ歌手が持つ野趣な味わいとは違って、
「アフロ・クール」とも呼ぶべき独特の感覚にありました。
ドラマティックに歌い上げない、肩の力が抜けた自然体の歌い回しの中に、
クリオージョが持つ情愛をしっかりと滲ませることのできる人で、
そのさりげなさに、現代性が備わっているのを感じさせました。

そんなロサの魅力が、アンデス音楽を取り上げた本作でも、しっかりと表われています。
今回も伴奏はミニマムで、ギタリスト一人だけ。
アンデス・ギターの至宝ラウル・ガルシア・サラテと、
クリオージョ音楽の名ギタリスト、フェリックス・カサヴェルデに学んだ
若手ギタリストのロランド・カラスコ・セゴビアです。

アフロ・クールなロサの街の声が歌う、
アヤクーチョのウァイノ、アレキパのヤラビ、フニンのウァイノといった山の音楽は、
また独特の清廉な味わいがあります。
オーガニックな温かみは、クリオージョもウァイノでも変わらないロサの歌の良さですね。
2曲だけ、ベースとカホンが参加して歌うヴァルスもあって、
温もり溢れる滋味に富んだ歌声に、ああ、いいなぁと、思わず涙腺がゆるみます。

Rosa Guzmán León Y Rolando Carrasco Segovia "SONQOLLAY" Paqcha Sirena Producciones no number (2016)
コメント(2) 
メッセージを送る