So-net無料ブログ作成
検索選択

アンゴラのアダルト向け極上クレオール・ポップ ネロ・カルヴァーリョ

Nelo Carvalho  Encontros.jpg   Nelo Carvalho  REENCONTROS.jpg

アンゴラのポップスの充実ぶりを象徴するアルバムですね。
ネロ・カルヴァーリョの12年ヒット作と、その続編として出された15年作。

ネロ・カルヴァーリョは、59年ルアンダ生まれのシンガー。
南部ナミベ州の町トンブアに2年ほど暮らしていた時、
少年グループのミニ・ジョーヴェンスに15歳で参加したのが、音楽活動のスタート。
75年にポルトガルのポルティマンへ移住すると、友達のシコ・レイテと一緒に、
当時ポルトガルで人気絶頂だったアンゴラ人コンビのフォーク・デュオ、
ドゥオ・オウロ・ネグロを真似して活動したそうです。

África Tentação  ANGOLA 79.jpg   África Tentação  MULHER DE ANGOLA.jpg

78年にアンゴラ人バンドのアフリカ・テンタソーンに参加して、
79年と80年のアルバムに録音を残したのが、ネロの初録音となったようです。
アフリカ・テンタソーンは、ポルトガルで活動していたバンドですが、
ブダ、アナログ・アフリカ、iPlayなど、数あるアンゴラの編集盤では、
ことごとく無視されて選曲されていません。
それもそのはず、ネロが参加した2作を聞けば、場末のハコバン並みのサウンドで、
B級以下の実力であることは歴然。

その後、81年に憧れのドゥオ・オウロ・ネグロの伴奏グループの一員に起用され、
85年にドゥオ・オウロ・ネグロのミロ・マクマホンが亡くなったあとも、
相棒のラウル・インディプウォとともに活動を続け、世界各国をツアーしています。
そして92年からソロ活動を始め、99年のライヴ盤がソロ・デビュー作となりました。

3作目にあたる12年作は大ヒットとなり、数々の賞を受賞しましたが、
それも納得のハイ・クオリティのアダルト向けポップスに仕上がっているんですね。
アフリカ、ラテン、フレンチ・カリブ、大西洋のさまざまなクレオール・ミュージックの
いいとこどりをしたサウンドにのせて歌う、ソフトでダンディなネロのヴォーカルに酔えます。
ためしに、“ENCONTROS” の各曲を書きだしてみましょうか。

1曲目はストリングス・アンサンブルが加わった麗しいボレーロ、
2曲目はカッサヴのジャコブ・デスヴァリューがプロデュース・アレンジしたズーク、
3曲目はカーボ・ヴェルデのキム・アルヴィス作の泣きのモルナ、
4曲目はディカンザのリズムをカクシ味にして、
一部ルンバも取り入れたたポップなアレンジのセンバ、
5曲目はジャジーなスロー、

6曲目はホーン・セクションにアコーディオンをフィーチャーした本格的なメレンゲで、
ブリッジがザイコ・ランガ=ランガばりのルンバ・コンゴレーズにスイッチするアレンジ、
7曲目はトレスの響きも印象的なボレーロに始まり、
ヴァイオリン・セクションが加わってチャチャチャにスイッチするアレンジ、
8曲目はカーボ・ヴェルデの歌手ティト・パリス作で本人も参加したコラデイラ、
9曲目はアコーディオンをフィーチャーしたセンバ、

10曲目は「ライ、ライ、ライ、ロ、ライ~♪」のハミングがジプシー・キングスばりのルンバ・フラメンカ、
11曲目はギネア=ビサウの俊才マネーカス・コスタがアレンジした、
センバとグンベーのリズムが交互する曲、
12曲目はアンゴラ人好みのラメント的なスロー・バラード、
13曲目はゲストの男女シンガーの歌とラップをフィーチャーしたファンク・ナンバー、
14曲目はヴァルデマール・バストスとデュエットしたセンチメンタルなスロー・バラード、
15曲目はキューバ、ハバナで録音したラテン・ポップス。

全15曲78分超の長さをまったく感じさせない、多彩なプロダクションとカラフルな楽曲に、
アンゴラのポップスの成熟ぶりがくっきりと示された傑作ですね。
アフリカ・テンタソーン時代のお粗末さとは、隔世の感がありますよ。

続編となった15年作“REENCONTROS” も、姉妹盤といえる極上の仕上がりです。
ゲストに母国の大物ボンガに、カーボ・ヴェルデのトー・アルヴィス、
グアドループの歌姫タニヤ・サン=ヴァルというゲストも嬉しい、
遅咲きのシンガー、ネロ・カルヴァーリョの傑作2編です。

Nelo Carvalho "ENCONTROS" Mimbu no number (2012)
Nelo Carvalho "REENCONTROS" Mimbu no number (2015)
África Tentação "ANGOLA 79" Sons D’África CD459/04 (1979)
África Tentação "MULHER DE ANGOLA" Sons D’África CD19/06 (1980)
コメント(0) 
メッセージを送る