So-net無料ブログ作成
検索選択

ファドとボサ・ノーヴァ カルミーニョ

Carminho Canta Tom Jobim.jpg

あぁ、これはいいなあ。
ファド流儀で歌ってみせたボサ・ノーヴァ。

ファドといえば、こぶしをゴリゴリつけ、情念を吐き出すように歌うもの。
押しつけがましさをきらい、シロウトぽくとつとつと歌うボサ・ノーヴァとは対極で、
両者の音楽が持つ美学は、いわば水と油。

ファド歌手がボサ・ノーヴァを歌うなんて無謀な企画は、大失敗に終わるか、
「まあ、せいぜいこんなところだよね」程度で収まるのが関の山と想像しちゃいますよね。
オペラ歌手が民謡に挑戦!みたいな無茶ぶりというか。
ところが、本作はなかなかの仕上がりになっているんですよ。

これを聴いて、すぐ思い出したのが、
アマリア・ロドリゲスの傑作“COM QUE VOZ” で歌われた“Formiga Bossa Nova”。
あれもすごくユニークな仕上がりで、アルバムのフックとなっていましたよね。

これまでカルミーニョの歌唱は、ファドを歌うには深みがなくて、
ぜんぜん物足りないとぼくは思っていたんですけど、
声量や表現力にダイナミクスが不足している彼女の歌いぶりが、
かえってボサ・ノーヴァを歌うという企画に、上手くハマったといえます。

ブラジル語の発音とは違う、巻き舌のポルトガル語発音で、
ファド特有のタメた歌い方をせず、流れるように軽い調子で歌う節回しが、
ファドともボサ・ノーヴァとも違って、心地よく聴くことができます。

考えてみれば、これって、サンバ・カンソーンの歌い回しに近いのかも。
そう気付かされたのが、“A Felicidade” でした。
ちょっとここでは、カルミーニョの歌いぶりに力みがあって、
ほかの曲のような軽味に欠けているんですね。
その歌いぶりは、エリゼッチ・カルドーゾが歌ったオリジナル・ヴァージョンや、
エリゼッチのボサ・ノーヴァ第0号アルバムに似たところがあるように思えます。

ジョビン晩年のバンド、バンダ・ノーヴァが伴奏を付けたジョビン曲集の本作、
初めてカルミーニョをいいと思える作品に出会えました。

Carminho "CARMINHO CANTA TOM JOBIM" Biscoito Fino BF452-2 (2016)
コメント(2) 
メッセージを送る