So-net無料ブログ作成
検索選択

センバ新世代のフォーキーな哀感 キャク・キャダフ

Kyaku Kyadaff  Se Hungwile.jpg

ずいぶんと変わった名前ですね、キャク・キャダフって。キャブ・キャロウェイみたいな。
アンゴラ人にとっても発音しにくい名前らしく、インタヴューでは必ず質問されていますよ。
インタヴューで語るその由来によれば、
名前の「キャク」はキコンゴ語の yours を意味する語だそうで、
「キャダフ」というのは、母親の姓のフィネーサと父親の姓のフェルナンデスのイニシャルに、
名前の「キャク」の kya を合成して造ったんだそう。
本名はエドゥアルド・フェルナンデスと、いたって普通の名前です。

そのキャク・キャダフの名を、意識するようになったのは、
ラジオ・ルアンダが主催する2014年のトップ・ラジオ・ルアンダで、
ベスト・キゾンバ、年間男性歌手、最優秀男性歌手の3部門を受賞したほか、
文化省が特別後援するアンゴラ音楽賞でも、
2014年最優秀新人賞ほか2部門の賞を獲ったということを知ってから。

アンゴラ音楽賞といえば、2014年にエディ・トゥッサが最優秀センバ賞を獲り、
2015年にヨラ・セメードが、最優秀女性歌手、最優秀アルバム賞(“FILHO MEU”)、
最優秀キゾンバ賞(“Volta Amor”)、最優秀センバ賞(“Você Me Abana”)の
4部門を受賞したんですよねえ。
これを知って入手した“FILHO MEU” はまさに大当たりで、
ここ半年のヘヴィー・ローテーション盤となりました。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2016-06-09

そんなわけで、キャク・キャダフも聴いてみなければと、
手に入れたのが、14年暮れにリリースされたデビュー作。
まずびっくりなのが、そのゴージャスなレコーディング。

打ち込み代用で人件費をケチらないところが、今のアンゴラのポップスの良さとはいえ、
ストリングスやホーンズなど、惜しげもなく人員を使った生楽器使いは、
新人のデビュー作らしからぬ、破格な贅沢さじゃないですか。
アコーディオンが醸し出す爽やかな哀感に、アンゴラらしさがにじみ出ていて、
センバ新世代がドープなクドゥロから、
ミュージック・シーンのメインストリームを取り戻したことを実感させます。

キャク・キャダフは、82年、アンゴラ北西部ザイーレ州の州都ンバンザ=コンゴの生まれで、
アゴスティーニョ・ネト大学で心理学を学んだという人。
もともと歌手志望ではなかったようですが、学生時代に書いた曲が評判となってから、
コンテストに参加し始め、プロとなったという経歴の持ち主です。

テタ・ランドとジェイムズ・ブラウンの影響を受けたそうで、
ジェイムズ・ブラウンはピンときませんが、
テタ・ランドゆずりのフォーキーな哀愁味がいい味になっていますね。
マラヴォワとセンバが合体したような曲も極上です。

Kyaku Kyadaff "SE HUNGWILE" Go Edições no number (2014)
コメント(0) 
メッセージを送る