So-net無料ブログ作成

コンテンポラリー・ジャズ・ミーツ・ビート・ミュージック ダニー・マッキャスリン

Donny McCaslin  FAST FUTURE.jpg

おお、ひと皮むけたかな。
新世代コンテンポラリー・ジャズのテナー・サックス奏者ダニー・マッキャスリンの新作。
前作“CASTING FOR GRAVITY” もカッコよかったんだけど、
爆発しそうでなかなか爆発しないもどかしさが、なんとも歯がゆく、
整合感ありすぎな演奏ぶりに、イマドキの若手ジャズはこれだからなあと、
タメ息のひとつも漏らしてたんでした。
「センスの良さ」なんてもん、かなぐり捨てて、もっとバァーッといけよ、バァーッと。

あれから3年。新作のメンツも同じなので、変わり映えないかと思ったら、
今度はちょいと様子が違う。パワー・アップしたんではないかい?
ビート・ミュージックを取り入れたマーク・ジュリアナのドラミングが大活躍していて、
いやー、カッコいいとはまさにこのこと。
マークのバスドラにピタリと合わせて、
ティム・ルフェーヴルがベース・ラインを弾くところなど、失禁ものですよ。

リズムの鬼みたいな演奏になるところが、個人的には好みなので、
きっちりと構成されたコンポーズの、端正に仕上げた曲は、どうもまだるっこしい。
そんなにわかりやすくしなくっても、いいんだけどなあ。
ま、そんなところが、やっぱ完全満足とはいかない人ではありますけれど、
マーク・ジュリアナの絶好調ぶりに引っ張られて、
ダニー自身のテナーもアグレッシヴにブロウする局面もみられるし、
鍵盤担当のジェイソン・リンドナーも、前作より前に出張る場面が増えています。
もっともっと出しゃばってくれても、いいんだけどね。

Donny McCaslin "FAST FUTURE" Greenleaf GRECD1041 (2015)
コメント(0) 
メッセージを送る