So-net無料ブログ作成
検索選択

王道シャバービーの特選幕の内弁当 ナワール・エル・ズグビー

Nawal El Zoghbi  MESH MESAMHA.jpg

最近、アラブのポップス、聴いてないなあ。
王道のシャバービーで、なんかいいのないかしらんと思い立ち、
近作のカタログを検索してたら、
ナワール・エル・ズグビーの新作が出ていることに気づきました。

レバノンのスーパー・スター、ナワールのアルバムも、
そういえばここ十年くらい聴いてないなあなんて思っていたら、
なんと棚に、ちゃんと11年の前作があって、あらららら。
あれぇ、これ、買ったんだっけか。ぜんぜん覚えてないや。

いけませんねえ。ロクに聴かず棚に突っ込んっじゃったのか。
離婚して心機一転(?)、長年在籍していたロターナから、
レバノンのメロディ・ミュージックに移籍したのが、この11年の前作でしたよね。
あれから4年、またもレコード会社を移籍し、今度はエジプトのマジカからのリリースです。
なんか最近、マジカに大物がゾクゾクと集まってきますね。
ロターナはすっかり影が薄くなって、レーベルの栄華盛衰を見る思いがします。

で、ナワールの新作なんですが、さすがはヴェテラン、きっちり仕上げてますねえ。
これぞ王道シャバービーといえるダンサブルなナンバーから、アラブ色を生かしたナンバー、
ハリージやダブケなど地方民俗色も織り交ぜながら、
アラビアン・ポップの美味しいところをきちっと取り揃えた、特選幕の内弁当。

打ち込みがうるさくないアダルト向け仕様のサウンドも好ましく、
過度に洗練されずぎず、適度に下世話なちゃかぽこなプロダクションを施す中道ぶりは、
さすがトップ・セールスを誇る製作陣の手腕が光りますねえ。いい仕事してます。
クセのないナワールの歌も、さらっと歌っているようで、さりげないコブシ使いは巧みです。
楽曲も粒揃い、ナワールの美貌満載のジャケットにブックレットと、カンペキです。

Nawal El Zoghbi "MESH MESAMHA" Mazika MAZCD253 (2015)
コメント(0) 
メッセージを送る