So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャズ・ファンク+アフロビートちょっとあり〼 ジョアン・ドナート

João Donato  DONATO ELÉTRICO.jpg

80歳を越してなお衰えを知らぬ、その創作意欲。
かつてはジャズ・サンバからアフロ・キューバン、今度はアフロビートに挑戦ですか。
70年代後半から四半世紀に及ぶ長い隠匿を経て、
90年代末に現場復帰してからのドナートの活躍ぶり、ハンパないっすね。

ボサ・ノーヴァの音楽家として語られることの多い人ですけれど、
この人の本質は、ハード・バップのピアニストであって、作曲家にありますよね。
初期のドナートのレコードを聴いている人なら、それがわかるはず。
この人はボサ・ノーヴァの音楽家じゃなくって、ジャズ・ミュージシャンですよ。

59年というボサ・ノーヴァ・ブーム真っ盛りのブラジルを飛び出して渡米したのも、
本格的にモダン・ジャズの環境に身を置きたかったからでしょう。
ボサ・ノーヴァ・ブームをうまく利用して、
ジャズ・シーンで活躍したところはセルジオ・メンデスと双璧で、
ボサ・ノーヴァで食う気なんて、さらさらなかったんじゃないかな。

セルジオ・メンデスがのちにポップ・マーケットに突破口をみつけたように、
ドナートもシリアスなジャズに向かうのではなく、
ジャズ・ファンクに接近していきましたよね。
のちにレア・グルーヴ扱いされるようになったのもそれゆえで、
ポップなセンスを持っていたドナートの面目躍如でした。

ここのところアクースティック路線のアルバムが続いていましたけれど、
今回はサンパウロのジャズ・ファンクのビッグ・バンドとの共演。
冒頭から、トニー・アレンばりのドラミングが飛び出して来て、おおっ!
ギターのカッティングもやたらアフロビートぽいなあと思ったら、
2曲目が本格的なアフロビート・アレンジで、ノックアウトくらいました。

ドナートもオルガンやキーボードを駆使して、電子音ビヤビヤと鳴らしまくり。
もー、やりたい放題というか、アンタはブラジルのサン・ラーか。
フェンダー・ローズにモーグ、クラヴィネットなど、
ヴィンテージなキーボードの響きが、たまりませんなあ。

以降は、それほどアフロビートぽくなく、
ジェンベが活躍するアフロ・ラテンなんかもあったりして、うひひ。
ひさしぶりのエレクトリック・ドナートは、
メロウ・グルーヴなジャズ・ファンク・アルバムなのでありました。

João Donato "DONATO ELÉTRICO" SESC CDSS0073/16 (2016)
コメント(0) 
メッセージを送る