So-net無料ブログ作成
検索選択

打鍵楽器の独奏作 エルクレス・ゴメス

Hercules Gomes  PIANISMO.jpg

サンパウロの若手ピアニストのデビュー作。
こちらは新作ではなく、3年前に出ていた作品でした。
ピアノ・ソロのアルバムというと、めったに触手が伸びることはないんですけれど、
YouTubeで観たこの人のピアノがすごく好みだったもので、珍しく手が伸びました。

何が気に入ったって、打楽器のようにピアノを弾くところ。
まずリズムがしっかりしていないと、ぼくの場合、ピアノ・ソロを聴く気になりません。
いくら流麗に指が動くタイプでも、心は動かないんだよなあ。
むしろ超絶技巧を誇るピアノほど、シラけてしまうんですよね。音楽はサーカスじゃないって。

右手の動きよりも大事なのは、左手の動き。
どっしりとしたビートを刻めるかどうかがキモです。
打楽器のように弾くといっても、がんがん激しく弾くんじゃなくて、
粒立ちの良いタッチで、両手をバランスよくパーカッシヴに鳴らせること。
それによって、ピアノを大きく鳴らせるダイナミクスを持っていること。
そのすべての点で、このエルクレス・ゴメスくん、合格です。

そして、さらにぼくの頬を緩ませるのが、ショーロの伝統をしっかりと身に付けているところ。
ショーロ・ピアノにありがちなクラシックふうに流れてしまう「甘さ」もなく、
強力なリズム感の持ち主であることが、ここでも役立っていますね。
エルネスト・ナザレーやラダメス・ニャターリの名曲に
サンパウロのショーロ・クラリネット奏者ナボール・ピリス・ジ・カマルゴの曲を取り上げ、
ショーロの麗しいメロディとエッジの立ったリズム感を両立させた、
鮮やかなピアノを聞かせてくれます。

エルメート・パスコアール作のフレーヴォでは、フレーヴォ独特の音が飛び跳ねる運指を
明快なタッチで弾き切るスゴ腕を披露しています。
超絶技巧は、これみよがしなハッタリでなく、こういうふうに発揮してくれると嬉しいんですよね。

ジャズ、クラシック、ショーロを横断し、ブラジル北東部の豊かなリズムも咀嚼した才能に喝采。
エレガントでキュートなセンスを持っているところが、めちゃぼく好みのピアニストです。

Hercules Gomes "PIANISMO" no label HG001 (2013)
コメント(0) 
メッセージを送る