So-net無料ブログ作成

お悔やみ ヴィクトル・デメ

20100612_Victor Démé.jpg

ブルキナ・ファソのマンディンゴ人シンガー、ヴィクトル・デメが今月21日に亡くなられたそうです。
まだ53歳という若さで、病院に向かう途中で息を引き取ったとのこと。
マラリアが死因だったというのには驚かされました。
成人したアフリカ人はマラリアの免疫を持つので、
亡くなるようなことはないとばかり思っていたんですが、
マラリアで命を落とすのは小児とは限らないんですね。

ヴィクトル・デメは、46歳にしてデビュー作をようやく出した苦労人の歌手です。
アビジャンでプロとなり、アブドゥライ・ジャバテのシュペール・マンデにも参加しましたが、
ブルキナ・ファソ帰国後は、音楽で生計を立てることができず、
仕立て屋をしながら、細々と歌い続けてきたという人でした。

08年にリリースしたそのデビュー作は、ブルージーなナンバーを力の抜けた声で歌い、
苦節の日々が滲む、味わい深いアルバムでした。
4万枚のセールスをあげ大成功となったデビュー作は、
『ブルキナファソからの黄昏アフロ・ブルース』という秀逸なタイトルが付けられ、
日本でもリリースされました。

Victor Deme  2010.jpg

10年6月には、日本にも来てくれたんですよ。
気さくな人柄で、歌手というより、近所のおじさんのような親しさを感じさせる人でしたねえ。
ニコニコしていた笑顔が印象的だったなあ。
遅咲きだったからこそ、まだまだ活躍してほしい人でした。残念です。

Victor Démé "VICTOR DÉMÉ" Chapa Blues CPCD001 (2008)
コメント(2) 
メッセージを送る