So-net無料ブログ作成
検索選択

トンブクトゥ・ソウル・ディーバ ハイラ・アルビー

Khaira Arby  Gossip.jpg   Khaira Arby  Timbuktu Tarab.jpg

待ってました! トンブクトゥのディーバ、ハイラ・アルビーの新作。

The Festival in The Desert.jpg初めてハイラ・アルビーを知ったのは、
04年の『砂漠のフェスティヴァル』のDVDでした。
といっても、ハイラが登場するのはステージではなく、
砂漠の人だまりの中で、
アクースティック・ギターを弾く男性を従えて歌う、
わずか1分にも満たないシーンなんですけれどもね。
その短いシーンながら、
グリオばりの朗々とした歌声を響かせ、
恰幅のいい身体を揺らしながら、
手拍子を叩き堂々と歌う姿に圧倒され、
ハイラ・アルビーの名前は、
即、脳裏に刻まれたのでした。

思えばあのDVDは、
メインで登場するティナリウェンやウム・サンガレより、
ハイラ・アルビーのようにチラッとしか出てこないシンガーやバンドの方が刺激的で、
シュペール・オンズの存在を知ったのも、『砂漠のフェスティヴァル』が初めてでしたね。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2014-02-26

さて、そんな強烈な印象を残したハイラ・アルビーですけれど、
その後調べてみると、トンブクトゥではティナリウェンを凌ぐ人気を誇る、
ソンガイ音楽のトップ・スターだということがわかりました。
グリオ出身かと思わせる素晴らしい歌声ですけれど、ハイラはグリオではなく、
ソンガイのほかトゥアレグとアラブのルーツを持つ人だったんですね。

当時すでに3枚の現地盤をリリースしていて、
そのうちの1枚“YA RASSOUL” はCDリリースされていることも判明したんですが、
マリ盤CDを日本で入手するのは不可能で、結局聴けずじまい。
それだけに、アメリカのクレモント・ミュージックから、
10年の世界デビュー盤“TIMBUKTU TARAB” が出た時はカンゲキしたものです。
(余談ですが、10年にCD番号なしで出た初版はすぐ廃盤となり、
13年にCLE005で再発されました)

本作はその世界デビュー盤に続くアルバムで、通算5作目にあたるアルバム。
前作同様、ロック感覚を吸収した若いメンバーたちによるバンド・サウンドが
キリッと引き締まっていて、ソウル・ディーバの歌いっぷりをいっそう輝かせています。
今回はデモ・バンドのホーン・セクションもゲスト参加し、さらにサウンドに厚みが増しました。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2012-09-12

マリのみでリリースされた過去2作の再発も計画中だそうで、期待が高まります。
アメリカ・ツアーも成功を収めていて、ぜひ日本にも呼んでもらいたいものですねえ。
アフリカのシンガーで今一番観たい人といえば、ハイラのほかにありません。

Khaira Arby "GOSSIP" Clermont Music CLE011 (2015)
Khaira Arby "TIMBUKTU TARAB" Clermont Music no number (2010)
[DVD] V.A. "THE FESTIVAL IN THE DESERT" Triban Union/Wrasse WRASS129 (2004)
コメント(0) 
メッセージを送る