So-net無料ブログ作成
検索選択

お悔やみ マフムード・ギネア

Mahmoud Guinia  Tichkaphone.jpg

グナーワのゴッドファーザーことマフムード・ギネアが8月2日、天に召されました。
享年64なんですね。もっと年だとばかり思っていたので、まだそんな若さとは意外でした。
祖父の代にエッサウィラへやってきたグナーワ一族のもとに生まれ、12歳から演奏を始め、
長年第一線で活躍し続けてきた、<マアレム>の称号を戴くグナーワ名人ですからねえ。
ということは、ぼくがマフムード・ギネアを知った90年代の初めは、
まだ40代になったばかりだったのかあ。

そのマフムード・ギネア初体験盤が、モロッコのティッカフォンからリリースされていたカセットを、
フランスのソノディスクが92年にCD化したアルバムです。
グナーワに興味を持ち始めた90年代の初め、ハッサン・ハクムーンがロック化を試みていた一方で、
現地直送の伝統グナーワが聞ける貴重な一作として、愛聴したものです。
拙著『ポップ・アフリカ800』でグナーワの項を新設するにあたり、
一発目に紹介すべきアルバムはこれと、迷わずに選んだものでした。

マフムード・ギネアは、80~90年代にティッカフォンへ相当数のカセットを録音していますが、
それ以前の70年代には、フィクリフォンというレコード会社からLPを出していたとのこと。
モロッコ盤LPにお目にかかったことはありませんが、
ティッカフォンのカセットは、いまでもモロッコで売られているようですね。
世界的にマフムード・ギネアが知れ渡るようになったのは、ビル・ラズウェルのプロデュースで、
ファラオ・サンダースと共演した94年作がきっかけでした。

そういえば、01年に広島で開催された「世界聖なる音楽祭」で来日しているんですよねえ。
観たかったなあ。写真家の石田昌隆さんは、07年にエッサウィラの城砦の外にある
マフムード・ギネアの自宅で、グナーワが催される儀式リラを体験されているんだそうです。
う~ん、うらやましい。

Maâlem Gania Mahmoud  Sonya Disque.jpg   Mahmoud Guinia  VOL.4.jpg

ぼくはといえば、モロッコへよく旅されていたサラーム海上さんが持ち帰った
モロッコ盤CDを聴いては、エッサウィラを夢見るばかりなのでありました(泣)。
そうだ、サラーム海上さんがモロッコから買い付けてきたCDには、
マフムード・ギネアの二人の弟モクタールとアブドゥラーのアルバムもありましたね。
二人ともマアレムだけあって、マフムードにひけをとらぬディープなグナーワを聞かせてくれます。

Maâlem Mokhtar Genia  LILA GNAOUI.jpg   Maâlem Abdllah Genia  LIVE.jpg

マフムード・ギネアのグナーワにバンバラ語の歌があるように、
マリから奴隷としてやって来たマフムードの祖父は、バンバラ人だったようです。
マアレムである父ブブカル・ギネア (1927–2000)の2番目の息子として生まれた
マフムード自身も、息子二人と娘一人をもうけていて、
いずれ二人の息子たちも、マアレムとなることでしょう。

最後に、名前の「ギネア」という読みですけれど、「ギニア」とも「ガニア」とも呼ばれ、
英文表記でもさまざまに書かれていますけれど、
アフリカの黒人王国ギネア Ghinea から取られた名前だと、ぼくは考えたいんですよね。
真偽のほどはわからないので、勝手な推測にすぎないんですが。
グナーワの名門一族の名として、
黒人奴隷の末裔であることを誇った名前なのではないかと。
だから、西アフリカの国名Guinea と同じで、ぼくは「ギネア」と書いています。
「ギニア」と英語読みをするのを、ぼくは反対しておりますので、ハイ。

Mahmoud Guinia "MAHMOUD GUINIA" Tichkaphone TCKCD12 (1992)
Maâlem Gania Mahmoud "MAÂLEM GANIA MAHMOUD" Sonya Disque CD037/99
Mahmoud Guinia "VOL.4" Mogador Music CDMM2005
Maâlem Mokhtar Genia "LILA GNAOUI" Ihia Music no number (2007)
Maâlem Abdllah Genia "LIVE" Ihia Music no number (2007)
コメント(6) 
メッセージを送る