So-net無料ブログ作成

エチオピアン・ポップのリリース事情 エスバルウ・ユタイェウ・イェシ

Esubalew Yitayew (Yeshi)  TIRTAYE.jpg

エチオピアの男性歌手の新作で良かったのは、エスバルウ・ユタイェウ・イェシ。
85年生まれで、今年リリースした本作がデビュー・アルバムとのこと。
カラッと明るい、いい声の持ち主ですね。
伸びのあるソウルフルな歌いぶりがすがすがしく、好感が持てます。
やわらかに回るこぶしも、若々しくていいじゃないですか。

プロダクションは、エチオピアン・ポップの標準仕様とはいえ、
メリハリの効いたアレンジが、バラエティのある曲調を華やかに彩り、
いわゆる金太郎飴的サウンドからは免れています。

レパートリーがなかなかユニークで、
冒頭、マーチのリズムで始まるのには、意表をつかれました。
♪ エチオピアなんたら ♪ という歌詞も出てくるので、
愛国的なメッセージのある曲なのかな。
バックで、ワシントやサックスが控えめに、
エチオピアのフォークロアなメロディを吹いているところも、そんな演出を感じますが、
テディ・アフロみたいなわざとらしさはありません。

ほかにも、ア・カペラのドゥー=ワップが出てきて、びっくり、
エチオピアン・ポップで、ドゥー=ワップを聴くのは初めてですね。
なかなかシャレた仕上がりで、従来にないセンスのプロデュースが光ります。

ところで、エチオピアン・ポップ・シーンで不思議なのは、
次々と新人がデビューするわりに、2作目がなかなか出ないことでしょうか。
新人に限らず、中堅やヴェテランも、なかなかコンスタントに作品が出ません。
デビューする歌手の多さは、層の厚さの表われですけれど、
ある程度有名になったあとは、CDよりライヴで稼ぐようになってしまうのかなあ。
なんせ、大御所のマフムード・アハメッドやアレマイユ・エシェテも、
現役バリバリで歌っているくせに、CDはまったく出ないもんねえ。
それが少し残念であります。

Esubalew Yitayew (Yeshi) "TIRTAYE" Sigma no number (2017)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る