So-net無料ブログ作成
検索選択

インプロ志向のUKジャズ・3ピース・バンド プレストン=グラスゴウ=ロウ

Preston Glasgow Lowe.jpg

デヴィッド・ギルモアの新作と交替だな、こりゃ。
ロンドンからすごいジャズ・ギタリストが出てきましたよ。
その名はデヴィッド・プレストン。
ベーシストのケヴィン・グラスゴウ、ドラマーのローリー・ロウによる
3ピース・バンドで、姓名を繋げたシンプルなバンド名を名乗っています。

オープニングから、圧倒的なテクニックでトリッキーなプレイを聞かせて、圧巻。
うっわー、スゲー。
カート・ローゼンウィンケルみたいな高速ピッキングに舌を巻いていたら、
パット・メセナーみたいなメロディ・ノートをくっきりと残すソロを披露したり、
アラン・ホールズワースを思わすオルタネイト・ピッキングのトーンを聞かせたりと、
何通りのギター・スタイルを持っているんだか。

めちゃくちゃテクニカルなプレイの連続に、
いやー、若さっていいよねえ、ギラギラしててと、おじさん、嬉しくなっちゃいました。
サウンド志向の淡泊な表現が主流になりつつある新世代ジャズで、
こういうインプロ志向のバンドって、これからは希少になるのかもしれないけど、
やっぱりジャズの醍醐味は、インプロよ。

ギターのことばっかり書いてしまいましたけれど、
ケヴィン・グラスゴウの6弦ベースもすごい。
デヴィッドのギターに絡んでくるフレージングにひらめきを感じます。トーンもいいね。
ローリー・ロウのドラミングは、柔軟でしなやか。
手数が多いのに、たっぷりとした重量感もあって、
長いソロもよく歌う、いいドラマーです。

3人の緊密なプレイはエネルギッシュそのものなんだけど、
同時にクールな佇まいを感じさせるところが、現代性でしょうか。
サウンドにはポスト・ロック的な快感もあります。

聞くところによると、去年の10月に来日してたそうで、うわー、観たかったなあ。
あいかわらずライヴ情報に疎い自分に嫌気がさすけど、
また来てくれるよね。待ってまーす。

Preston - Glasgow - Lowe "PRESTON - GLASGOW - LOWE" Whirlwind Recordings WR4686 (2016)
コメント(2) 

コメント 2

ペイ爺

一曲目“Colour Possesses”の出だし。ウン?決して再結成しないだろうと発売当時思ってた King Crimson の“Discipline”のギター奏法に似てますよね?ドラムが Bill Bruford みたいにスコーン、スコーンって高音に抜けてたら、まさにあの時代の Crimson!軽やかで涼し気なギター・リフの背後でドラムがカッコ良く(行儀良く?)暴れる “The Priory”、曲想が今っぽくて面白い“C:\>PU”、等大満足です。
アルバム全体から受ける、引き締まった筋肉質な印象は、Pat Metheny が Jaco Pastorius、Bob Mosesとやった実質的なデビュー・アルバム(?)傑作 “Bright Size Life” を思い起こしちゃいました。今後が楽しみです。バンド名は、Emerson, Lake & Palmerを意識したのかな?んなわけないか。
by ペイ爺 (2017-05-25 17:51) 

bunboni

ああ、なるほど、クリムゾンに共通するところがあるのかあ。
クリムゾンをまったく通過していない門外漢なもので(恥)。
グループ名の方も、EL&Pという発想はまったく思いつきもしませんでした。ダメですね~、ロック音痴は。
by bunboni (2017-05-25 20:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る