So-net無料ブログ作成

マンデ・アクースティック・スウィング カンジャファ

Kandiafa  KABAKO.jpg

ヴァンサン・ドルレアンのレーベル、サン・コモンテールのカタログは、
いまのところ5タイトルがリリースされているようです。
ジャケット・デザインがフランス人らしいお仕事というか、どれも洒落ていて全部欲しくなってしまい、
ヴィユー・カンテのアルバムと一緒に、残りの4タイトルも買っちゃいました。

ざっと紹介すると、13年の初作品となったヴィユー・カンテに続き、
翌14年に、マンデとグナーワをミックスしたユニット、カッサ・カッサのCDシングル、
シュペール・スンジャタ・バンドなどで歌手を務めたフォディエ・サッコのソロ作、
若いカマレ・ンゴニ奏者ジャジェ・シセのソロ作の3タイトルがリリースされています。
そして今年16年に、若いンゴニ奏者カンジャファのCDシングルが出ました。

Kassa Kassa.jpgFodie Sacko.jpgDjadje Cisse.jpg

面白かったのが、このカンジャファことアブドゥライ・コネの作品。
編成がユニークで、主役のンゴニの伴奏に、ヴァイオリン、ウッド・ベース、
カラバシ、パーカッション、男女コーラスが付いていて、
レーベル制作のヴィデオを見ると、まるでダン・ヒックスとホット・リックスみたい。
というのも、ヴァイオリンとコーラスの二人が白人女性(フランス人?)で、
ナオミ・ルース・アイズンバーグとマリアン・プライスがそこにいるかのよう。
ちなみに、ウッド・ベースを弾いているのも白人です。

カンジャファは、ジャンゴ・ラインハルトとステファン・グラッペリに影響を受けたといい、
マンデの伝統的なメロディをベースにした自作曲に、
ジプシー・スウィングのサウンドをミックスしているんですね。
そしてまた、カンジャファが弾くンゴニも凄腕で、
鮮やかなフィンガリングで、わずか3弦とは思えないプレイを聞かせます。
まるでコラを弾いているかのようなフレージング、
強いタッチによる音の粒立ちの良さにも感心します。
ロックやブルースのフレーズを取り入れているのも、
今や彼のような若い世代では当たり前ですね。

キメのフレーズがカッコイイ“Keke Magni” では、
ヴァイオリンがソロを弾きながらユニゾンでスキャットしたりと、
聴かせどころを作る曲の構成も巧みで、
これまで誰もやったことがないマンデ・アクースティック・スウィングを聞かせてくれます。
う~ん、フル・アルバムを期待したいですねえ。

[CD Single] Kandiafa "KABAKO" Sans Commentaire SC SINGLE04 (2016)
[CD Single] Kassa Kassa "MBARA MASKINE" Sans Commentaire SC SINGLE01 (2014)
Fodié Sacko "BAROSSO" Sans Commentaire SC02 (2014)
Djadjé Cissé "MAMASSA" Sans Commentaire SC03 (2014)
コメント(3) 

コメント 3

としま

「カンジャファは、ジャンゴ・ラインハルトとステファン・グラッペリに影響を受けたといい、」の一行をたった今まで見逃していました。これは聴かなくちゃ。

と思って少しだけネット検索しましたが、カンジャファ(Kandiafa)では YouTube 音源と Discogs のサイトが出る程度ですねえ。これからちょっとその三つほどの音源を聴いてみます。

さて、ジャンゴをどこに見いだせるか?
by としま (2016-12-13 23:02) 

としま

こりゃいいなあ、このアクースティックなスウィング感。確かにダン・ヒックスとホット・リックスみたいですが、ンゴニとヴァイオリンの絡み方やバンド(?)全体のスウィング感も、ジャンゴとグラッペリのコンビに少し似てます。ちょっぴりジャイヴィーな雰囲気もあって、これはアルバム聴きたい!
by としま (2016-12-13 23:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る