So-net無料ブログ作成

猫カフェ トニーニョ・フェラグッチ

Toninho Ferragutti Quinteto.jpg

これぞブラジル人にしかできないジャズ、ブラジリアン・ジャズここにあり、ですね。
ドミンギーニョス亡きあとのブラジルを代表するサンフォーナ(アコーディオン)奏者
トニーニョ・フェラグッチの新作。

トニーニョ・フェラグッチは、サンパウロ出身ながら北東部や南部の地方音楽にも精通し、
MPB、クラシック、ジャズと八面六臂の活躍をしているミュージシャン。
この新作でソロ10作目を数えるそうですが、
これまでもヴィオラ・カイピーラとの共演やチェンバー・ミュージックなど、
さまざまな音楽に挑戦して、意欲的な作品を作り続けています。

ジャズ・サイドでは、マリア・シュナイダー・オーケストラとの共演歴があり、
本作の作編曲にも、マリア・シュナイダーの影響がうかがわれます。
豊かな色彩感のあるソングライティングと、
アンサンブルを重視したソロとアンサンブルのスムーズなアレンジは、
マリア・シュナイダーのオーケストレーションと強い親和性を感じさせるものでしょう。

作曲はすべてトニーニョ。
いきなり冒頭がクレズマーなのに驚かされましたけれど、
フォローあり、フレーヴォあり、マラカトゥあり、サンバ・カンソーンありと、
多彩なブラジルのリズムに加えて、ワルツやタンゴ、
アラブ風のメロディの飛び出す曲もあり、実にカラフルなアルバムとなっています。

トニーニョのアコーディオンに、サックス、ギター、ベース、ドラムスのキンテート編成で、
トニーニョが蓄積してきた音楽性が、縦横無尽に発揮された快作。
アミルトン・ジ・オランダ・キンテートと肩を並べる、
現代ブラジリアン・ジャズの傑出したグループですね。

Toninho Ferragutti Quinteto "A GATA CAFÉ" Borandá 5.071.350 (2016)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る