So-net無料ブログ作成
検索選択

良質ブラジリアン・フュージョン ルイス・ド・モンチ

Luis Do Monte  FRACTAL.jpg

エルメート・パスコアールが在籍した伝説のブラジリアン・ジャズ・コンボ、
クアルテート・ノーヴォのギタリスト、エラルド・ド・モンチの息子がデビュー。
ルイス・ド・モンチも父親譲りのギタリストで、デビュー作の本作は、
お父さんのエラルドをはじめ、御大エルメートと奥さんのアリーニ・モレーノもゲスト参加。
メンバーには、エルメートのバンドで長年ドラマーだったネネほか、エルメート人脈がずらり。

エルメート一派じゃ、ぼくの守備範疇外だなと、なんの期待もせず試聴したところ、
ポップなメロディに、スムースなフュージョン・サウンドが飛び出したのには、ビックリ。
このサウンドのテクスチャーは、ジャズじゃなくて、フュージョンのセンスだよねえ。
ルイスのフレージングは、オーソドックスなジャズ・ギターのスタイルで、
トリッキーなお父さんのギター・プレイとは、まるで趣向が異なります。

イノセントなエルメートの音楽性からの影響も、ほとんど感じられません。
ということで、ぼくのようなアンチ・エルメート・ファンには、たいへん好ましい人でありますが、
エルメート・ファンからは、軟弱フュージョンとか悪口言われちゃいそう。

レパートリーは自作曲を中心に、お父さんの曲や、
ピシンギーニャやジャコー・ド・バンドリンの定番ショーロなどを演奏しています。
多重録音されたギターとドラムスで聞かせるピシンギーニャの“Lamento” や、
ギター3台で演奏したジャコーの“Noites Cariocas” は、
ジャズ・ショーロといた趣が聴きものとなっています。
ルイスは、エレクトリック、アクースティック(ナイロン・スティール両方)、カヴァキーニョのほか、
フレットレス・ベースやトランペットを多重録音で演奏しています。

正統派といえるジャズ・ギターの腕前ばかりでなく、
多重録音で生み出すサウンドの豊かなアイディアは、
プロデューサーとしての才能を強く感じさせる人ですね。

Luis Do Monte "FRACTAL" Biscoito Fino BF419-2 (2016)
コメント(3) 

コメント 3

としま

ピシンギーニャの「ラメント」やジャコーの「リオの夜」をやっていて、しかもポップでスムースなフュージョン・サウンドとあっては、この僕が食いつかないわけがありません(苦笑)。

しかし今のところはどう探してもフィジカルが見つかりません。iTunes Store にはあります。それを見たら5月11日のリリースとなっています。

待っていればエル・スールに入りますかねえ?う〜ん、困りまりました・・・。
by としま (2016-07-09 19:58) 

bunboni

ディスクユニオンのオンライン・ショップでどうぞ。
by bunboni (2016-07-09 20:30) 

としま

あっ、しかしディスクユニオン通販では、僕の探し方が悪いんでしょう、出てきませんでしたが、タワーレコード通販で予約販売ですが見つかりましたんので、無事オーダーしておきました。ありがとうございます。
by としま (2016-07-09 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る