So-net無料ブログ作成
検索選択

蘇るショーロ神話時代のコントラポント イリニウ・ジ・アルメイダ

Irineu De Almeida E O Oficleide.png   CHORO CARIOCA E GRUPO CARIOCA.jpg

20年に1度級の、スゴいショーロ・アルバムが出ましたよ。
ショーロ・ファンだけが楽しむんじゃ、もったいないくらいの内容で、
管楽器好きの音楽ファンにぜひオススメしたい、素晴らしい企画作です。

それが、ショーロ第2世代の代表的な音楽家である
トロンボーン/オフィクレイド奏者、イリニウ・ジ・アルメイダ(1863-1914)の曲集です。
イリニウ・ジ・アルメイダの名がよく知られているのは、
ピシンギーニャの最初の先生だったからですね。

イリニウは、ピシンギーニャのお父さんが大家をしていた下宿に暮らしていて、
音楽好きだった大家の息子にチューバと作曲を教え、
仲間のショローンたちに引き合わせるなど、ピシンギーニャをかわいがっていたようです。
1911年には、わずか14歳のピシンギーニャが、イリニウ率いるショーロ・カリオカの一員として、
“São João Debaixo D’água” の録音を残しています。

でも、この人の真価は、別なところにあります。
ショーロにはじめてコントラポント(対旋律)の演奏を導入したのが、イリニウなんです。
いわばイリニウは、ショーロの演奏技法の基礎を確立した人ということで、
ショーロの歴史にいかに重要な役割を果たしたかが、わかりますよね。

イリニウは、ショーロ第1世代の代表的な音楽家、
アナクレット・ジ・メデイロスの楽団バンダ・ド・コルポ・ジ・ボンベイロス創設の
1896年来からのメンバーで、副指揮者を務めていました。
バンダ・ド・コルポ・ジ・ボンベイロスが大編成のブラスバンドだったのに対し、
ブラスバンドを小規模にして、コントラポントを取り入れたイリニウの楽団演奏は、
自由闊達な即興を可能にしたのでした。

当時のイリニウのグループ、ショーロ・カリオカの録音は、
古典ショーロの15枚組ボックス・セットでCD化され、ディスク2で聴くことができます。
1910年代の録音なので、音質は正直厳しいものがあるんですけれど、
当時の演奏を再現した今回のアルバムは、
ショーロ神話時代に開発されたコントラポントをみずみずしく蘇らせています。

編成も、オフィクレイド、コルネット、フルート、
ギター、カヴァキーニョ、パンデイロと、当時のまま。
本作で演奏されている“Daynéia” “Albertina” のオリジナル録音が
ディスク2に収録されているので聞き比べてみると、
オリジナルを忠実に演奏していることがよくわかります。

今のブラジルでは、オフィクレイドを吹く人がいなくなり、
田中勝則さんがプロデュースした『ショーロ歴史物語』でも、
イリニウの曲はファゴットで代用されていましたが、
オフィクレイドを楽器店で偶然発見したトロンボーン奏者のエヴェルソン・モラエスの存在が、
この企画作に結び付いたようです。
ちなみに、コルネットのアキレス・モラエスとは兄弟で、
アキレスはアミルトン・ジ・オランダの去年のガフェイラ・アルバムに参加していましたね。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2015-09-11

プロデュースは、ショーロ・ギタリストのマウリシオ・カリーリョ。
こういう古典ショーロに目配りができる人といえば、この人を置いてほかにいません。
ピシンギーニャやシキーニャ・ゴンザレスあたりをカヴァーする人はいても、
イリニウ・ジ・アルメイダやアナクレット・ジ・メデイロスにスポットをあてる見識のある人は、
マウリシオやエンリッキくらいのものでしょう。
最初に「20年に1度級」といったのも、
アナクレットのカヴァー集が99年にクアルッピから出た以来と感じたからです。

そして、再現演奏といいながら、それが歴史のお勉強的なおさらいで終わるのではなく、
フレッシュなサウンドに満ち溢れているのだから、心躍らせずにはおれません。
100年前の音楽が、これほどまでにみずみずしく響くんですから、マイっちゃいますよ。
こういう演奏を聴いていると、音楽に進歩なんていらないと、思わず口を滑らしちゃいますね。
朗らかで、軽やかで、優和で、キューーーーーーーート♡
キューバのピケーテ・ティピコ・クバーノにカンゲキした方にも、ぜひ。

Everson Moraes, Aquiles Moraes, Leonardo Miranda, Iuri Bittar, Lucas Oliveira, Marcus Thadeu
"IRINEU DE ALMEIDA E O OFICLEIDE - 100 ANOS DEPOIS" Biscoito Fino BF390-2 (2016)
Choro Carioca, Grupo Carioca
"CHORO CARIOCA E GRUPO CARIOCA : MEMÓRIAS MUSICAIS [2]" Biscoito Fino BF601-2
コメント(5) 

コメント 5

としま

あ、もう届いたんですね。いいなあ。僕がエル・スールさんに頼んであるのはいつ頃入荷するのかなあ?まあ音は既に聴いてますが。

15枚組の古典ショーロ集の方は僕は買い逃していて、今では凄く悔しい思いをしています。あれは確か21世紀初め頃のリリースでしたよねえ。その頃はまだ今みたいなショーロ狂いじゃなかったから、なんのこっちゃ分ってなかったんですよねえ・・・。
by としま (2016-06-23 16:55) 

bunboni

実はこの記事、6月の初めに書いてあったものなんです。
予約投稿記事が今も10コあるので、アップが遅くなってしまいました。
としまさんが記事にされていたので、あれま!と思って、
これがほんとの after you であります(^-^)
by bunboni (2016-06-23 20:26) 

としま

僕がこのイリネウ曲集に気が付いてすぎにエル・スールさんにメールした日付が 5/25 の午後4時過ぎ。その約10時間後に原田さんから発注しておきましたという返信が来ました。

ところで文中で触れてあるアミルトン・ジ・オランダは昨年ピシンギーニャ曲集を出しましたね。僕が買ったのはほんの二ヶ月ほど前のことです。まあ大したことなかったと思います。

特に僕の最大の愛好ショーロ曲「1×0」をウィントン・マルサリスが吹いていて、いくら名曲でもウィントンなんかがやったんじゃあダメだろうと思って。でも聴いてみたら確かに面白くないけれど、そこそこ聴けなくもないという感じに仕上っていました。

そのあたり、誰がやってもそこそこ聴けるようになっちゃうってのが、クラシックの名曲みたいに元々のコンポジションが優れているゆえんなんでしょうねえ。
by としま (2016-06-23 20:37) 

bunboni

アミルトンはちょっと乱発気味ですね。今年になってからも、バンドリン・ソロ作にシコ・ブアルキ集を出したもんなあ。ぼくはどっちも試聴して、パスしましたけど。ウィントンとのコラボは、試聴すらせずにスルーしました。

最近聴いた「1×0」では、カロル・サボイアが新作で歌っていたのが、とても良かったですよ。
by bunboni (2016-06-23 20:56) 

としま

カロル・サボイアの『カロリーナ』は今日届いたばかりで早速夕方聴きました。ピシンギーニャの他にもビートルズやジョビンなどなど、結構面白いというか爽やかで、こんな爽やかな「ハロー・グッバイ」は聴いたことないです。暑くなるこれからの季節にピッタリ。
by としま (2016-06-23 21:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る