So-net無料ブログ作成

ナイジェリアのガーリー・ポップ ティワ・サヴェイジ

Tiwa Savage  R.E.D..jpg

冒頭、いきなりバウンシーなトーキング・ドラムが飛び出てきて、のけぞり。
ヨルバ臭たっぷりのメロディに、ゆったりとスウィングするリズム、
きらきらとしたハイ・トーンのギターに導かれて歌われるのは、
なんと、ジュジュじゃあーりませんか。
え、えぇ~ !? これ、ヒップホップのアルバムじゃなかったの?

続いて2曲目は、アフロビートとヒップホップをミックスしたトラックで、うひゃー。
グルーヴィなバックトラック、早口ヴォーカルで歌うキャッチーなメロディに、昇天。
この2曲で、もう完全脱帽しちゃいました。
こんな痛快なアフロ・ポップ、何年も聴いていなかった気がしますねえ。

ヒップホップR&Bあり、レゲエあり、レゲトンありの、ガーリー・ポップ。
どの曲も表情が明るくって、前向きというか、健康的。う~ん、元気でるなあ。
ヒップホップ世代らしいカラフルなレパートリー揃いで、いやぁ、実によく出来てる。
ミュート・トランペットやスークースふうギター、
トーキング・ドラムを冒頭の曲以外でもカクシ味にチラッと使ったり、小技も利きまくり。
EDM要素のないヌケのよいトラック・メイキングは、好みだわー。

キュートな魅力を浮き上がらせたソングライティングも鮮やかで、捨て曲なし。
徹頭徹尾プロらしいお仕事ぶりに、感服させられました。
プロデュースは、ナイジェリアのヒップホップ・シーンでひっぱりだこという、ドン・ジャジー。
ドン・ジャジー自身もシンガーとして、
2曲目のアフロビート/ヒップホップ・トラックにゲスト参加してます。
その他、オラミデ、2フェイスといった人気ラッパーも多数参加。

ガーリーな魅力が溢れているとはいえ、このティワ・サヴェイジという女性シンガー、
80年生まれで、はや30半ばの人妻であります。
2作目にあたる本作制作中に、なんと出産もしてるんですね。
経歴を読んで、びっくりしました。

10歳の時、家族の仕事の関係でロンドンへ引っ越し、
ケント大学を卒業し、スコットランドのロイヤル・バンクに就職したものの、
音楽の夢を捨てきれず、アメリカへ渡ってバークリー音楽大学へ再入学。
それもそのはず、彼女はわずか16歳でジョージ・マイケルのバック・コーラスを務め、
メアリー・J・ブライジやチャカ・カーンなどのバック・コーラスを経験したばかりでなく、
スティングやデスティニーズ・チャイルドのステージに立ったこともあるラッキー・ガール。

バークリー卒業後、27歳でソニー/ATVミュージック・パブリッシングと契約して、作曲家デビュー。
ベイビーフェイス、キャット・デルーナ、モニカなどに、曲を提供し始めたそうです。
10年にはファンテイジア・バリーノへ提供した曲がグラミーにノミネイトされ、
作曲家として脚光を浴びるほか、ホイットニー・ヒューストンの09年作“I LOOK TO YOU” に
バック・コーラスとして参加するなど、シンガーとしての活動も始めます。

11年には、本国ナイジェリアで仕事をするようになり、
女優として映画デビューするほか、
初のアフリカのアーティストとしてペプシと専属契約を結びました。
13年に自己のレーベル、323エンターテインメントを立ち上げ、
マネージャーのトゥンジ・バログンと結婚、プロデューサー業のかたわら、
シンガーとしての活動を本格化し、13年に満を持してソロ・デビューしたんだそうです。

ソロ・デビュー作のヴィデオ・クリップ“Eminado” も痛快でしたけれど、
2作目となる本作は、ミュージック・ビジネスに長く関わってきた底力が示された
あっぱれなポップ作といえます。
やはり、これだけしっかりとした作品を作るには、
それ相応のバックグラウンドが必要だということを、痛感させられますね。

Tiwa Savage "R.E.D." Mavin no number (2015)
コメント(2) 

コメント 2

イワタニ

ティワちゃんアッパレです。
これでbunboniさんは、「ポップ・アフリカ900」を出さなければならなくなりました。
「ポップ・アフリカ800」は、メモで落書きだらけになってしまったので、もう一冊買わなければいけない状態です。
なるべく早めに「ポップ・アフリカ900」を出していただけると助かります。よろしくお願いいたします。
ポップ・ミュージックは軽く見られがちですが、そんな音楽こそ、ビックリするような底力を秘めていますね。聴けば聴くほど良くなってきます。
ティワちゃん、僕の予想を遥かに超えた歌い手さんでした。

by イワタニ (2016-04-21 14:59) 

bunboni

ここ2か月ほど毎朝玄関を出て聴く1枚目がチャラン・ポ・ランタンだったんですが、ついにティワ・サヴェイジに交替しました(2枚目の岡村はいまだ変わらず)。

次は900じゃなくて、1000にして完結編としたいと、秘かに思ってます。そのためには、出版社がその気になってくれなきゃダメなので、800がよく売れるよう、2冊目、3冊目と買ってくださ~い。
by bunboni (2016-04-21 15:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る