So-net無料ブログ作成

パーカッシヴなトリオ ブルノ・ヴィンチ

Bruno Vinci.jpg

7弦ギター、クラリネット、パーカッションのトリオ編成。
ショーロのトリオかなと思ったら、ショーロの影響は色濃いものの、
もう少し幅広の音楽性を持ったインスト音楽を聞かせるグループでした。
主役は、7弦ギタリストのブルノ・ヴィンチ。
サンパウロでギターの先生をしているプレイヤーです。

ユニークなのは、パーカッショニストがコンガを中心に叩いているところ。
ショーロやサンバの打楽器であるパンデイロは、数曲で叩いているだけです。
ブラジルでコンガ型の打楽器といえば、バイーアのアタバキが思い浮かびますけれど、
アフロ色濃厚なマシーシや、キューバのルンバを取り入れた曲で、
コンガの起用がうまく生かされていますね。

全曲ブルノの作曲で、
サンパウロのヴェテラン7弦ギタリスト、ゼー・バルベイロに捧げた曲のほか、
アミルトン・ジ・オランダやフィロー・マシャードに捧げた曲があります。
高速ラインの長いキメのフレージングを生かした器楽的な曲作りが巧みで、
3人がピタリと息の合ったところを聞かせる、スリリングなプレイをたっぷり楽しめます。

ギターのタッチにもうひとつ粒立ちの良さが欲しいなんて、
プロのギターの先生に対して失礼ではありますが、
マルコ・ペレイラみたいな明快なタッチのギタリストが好きなので、
ちょっと欲張りな感想を持ったのが、偽らざるところ。
ギターの録り方が良くないのかも知れませんけれど、
もっと各楽器のダイナミクスに気を配った録音にすれば、
タイトルどおり「パーカッシヴ」になったはずで、その点がやや悔やまれます。

Bruno Vinci "PERCUSSIVO" no label no number (2015)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る