So-net無料ブログ作成

センバの若手有望株 ユリ・ダ・クーニャ

Yuri Da Cunha  KUMA KWA KIÉ.jpg   Yuri Da Cunha  CANTA ARTUR NUNES.jpg

また一人、センバの若手有望株を見つけました。
80年、アンゴラのクアンザ・スル州都スンベに生まれた、ユリ・ダ・クーニャ。
99年にポルトガル、ヴァレンティン・デ・カルヴァーリョからデビューしたシンガーで、
3作目の08年作を手に入れたんですが、これが極上のアルバムなんです。

アクースティックな音づくりの柔らかなグルーヴが、ひたすら心地いいんですよ。
まろやかなビートで始まる1曲目のセンバから、もう頬が緩みっぱなし。
ロック調のギターにサルサ・タッチのホーン・セクションが加わるキゾンバも、
エレクトリックなサウンドのニュアンスは控えめで、
ルンバぽいノリのアップテンポの曲でもビートが丸っこいので、
ルンバ・ロックやンドンボロのような、エッジの利いた激しいビートにならないんですね。
哀愁味のあるメロディのコンパも、ホーンがきまってます。

往年のセンバと変わることのない、シャキシャキとリズムを刻むディカンザの響きも心地よく、
適度にスキマのあるプロダクションが、抜けの良いサウンドを生み出しています。
涼しげな響きのアコーディオンが全編で活躍しているのも嬉しいですね。
泣き節のモルナでは、なめらかな歌いぶりの中に男っぽさをにじませ、
若々しくも味のあるところを聞かせます。

歌・演奏ともに人肌のぬくもりがにじむ、
上質のクレオール・ポップに仕上がった“KUMA KWA KIÉ” でしたが、
4作目の“CANTA ARTUR NUNES” は、タイトルからもわかるとおり、
名歌手アルトゥール・ヌネスの曲集。全編センバで通しています。

ユリ・ダ・クーニャはアルトゥール・ヌネスに強く影響を受けたそうで、
前作“KUMA KWA KIÉ” でも、アルトゥールのラメントの名曲“Belina” を
ストリングス入りで、美しく仕上げてカヴァーしていました。
本作では、エレクトリック・ギター、ベース、ドラムス、ディカンザ、パーカッションの伴奏で、
鍵盤系楽器を使わない往時のセンバのサウンドを再現していて、
アルトゥール・ヌネスを敬愛するユリの思いが伝わる作品となっています。

昨年最新作が出たようなのですが、そちらはまだ未聴。
13年にリリースされた5曲入りシングルCD(ヴィデオ・クリップ3曲入りのDVD付)は、
センバ、キゾンバ、ルンバのほか、
DJがトラックメイクしたエレクトロ・ハウス2曲が収録されていました。
アクースティックなセンバに回帰したといっても、
まだこういうクラブ・サウンドに色気が残っているのが残念ですけど、
早く最新作を聴いてみたいですね。

Yuri Da Cunha "KUMA KWA KIÉ" Kriativa KR011 (2008)
Yuri Da Cunha "CANTA ARTUR NUNES" no label no number (2012)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る