So-net無料ブログ作成

王道サルサの醍醐味 ボビー・バレンティン

Bobby Valentin  MI RITMO ES BUENO.jpg

おぅ、これ、ボビー・バレンティンの新作か!
ぐいと前を見据えたボビーの眼光の鋭さに、呼ばれちゃいました。
75歳にして、このキリリとしたマイト・ガイぶり。カッコよすぎます。

それにしても、サルサ新作でこんなシブい色合いのジャケットというのは、
珍しいんじゃないでしょうか。
デジパックを開くと、黒の革ジャン、丸首の白シャツ、ジーンズの揃いでキメた、
オルケスタの集合写真がど~んと載っています。
どんよりとした曇り空をバックに、モノトーンで迫るラテンらしからぬ佇まいから、
ヴェテラン・オルケスタの気概が伝わってくるかのようですね。

「こりゃあ、良さそうだぞ」と感じた予感は、的中。
1曲目のロベルト・アングレロ作の“Amolador” から、涙腺が爆発してしまいました。
71年作の“ROMPECABEZAS”に収録されていた名曲の再演なんですが、
新曲と変わらぬ、フレッシュで緊張感溢れるオルケスタ・サウンドに、カンゲキしきりです。

タイトル曲の“Mi Ritno Es Bueno” も、
ファニア時代の73年作“REY DEL BAJO” でやっていた曲ですね。
ファニアからブロンコに移り、よりエッジの効いたオルケスタ・サウンドとなったヴァージョンで
かつての曲を聞けるのというのも、オツじゃないですか。
珍しいところでは、アルセニオ・ロドリゲスの“Yo No Engaño A Las Nenas” があります。
エディ・パルミエリが68年作の“CHAMPAGNE” でカヴァーしていましたが、
本作ではすごく複雑なアレンジを施したホーンのソリが聴きどころ。
あと、ボビーのベース・ソロが聞けるというお楽しみもあり。

それにしても、トランペットからバリトン・サックスまで、
高低音の音域差を使い分けた5管のアレンジの巧みさや、
個性の異なる3人のカンタンテ(歌手)の使い分けなど、
何十年と変わらぬボビー・バレンティンの普遍のスタイルながら、
どうしてこうもみずみずしく響くんでしょうか。
手練れた感触などまったくなく、ぴりっと引き締まった演奏ぶりは、
もう素晴らしいとしか言いようがありません。

ラストのカチャートにオマージュを捧げた曲まで、
5リズムと5ホーンがキレまくった王道サルサの最高作。
数多いボビーの愛聴盤の中でも、
85年の“ALGO EXCEPCIONAL” 以来のヘヴィー・ローテーション盤となりそうな新作です。

Bobby Valentin "MI RITMO ES BUENO" Bronco BR178 (2015)
コメント(4) 

コメント 4

真保みゆき

これは聞いてみたい!ボビー・バレンティン75
歳ですか・・・。曇り空、ってとこもいいですね。
by 真保みゆき (2016-03-19 06:04) 

bunboni

ですよね。
エディ・パルミエリやラリー・ハーロウというお馴染みばかりじゃなく、
ボビー・バレンティン楽団も日本に呼んでほしいです。
by bunboni (2016-03-19 08:06) 

真保みゆき

エディやハーロウと違って、”ラテン・ジャズ”の看板で呼べないからじゃないすか(笑)。一言多いか。
by 真保みゆき (2016-03-19 13:14) 

bunboni

エディはともかく、ハーロウはラテン・ジャズ枠じゃないでしょう。
看板はなんでも、キャパが埋まればいいんでしょうけれどねえ。
お二人に実績積んでもらうしかないですね。サルサで客が呼べるってところを。
by bunboni (2016-03-19 13:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る