So-net無料ブログ作成

芸能サンバを支えた街角のショローンたち アラシ・コルテス

Araci Cordes Funarte.jpg   Araci Cortes   Atração.jpg

書店で見つけた『ショーロはこうして誕生した』という新刊書。
ついに日本でもショーロの本が出るようになったのかと、じ~んとなっちゃいました。
ブラジルで出版された本の日本語訳で、
題名の上に書かれた“O Chôro” の文字にピンときましたよ。

これって、去年ブラジルのアカリ・レコードが復刻した本なんじゃないの?
本をめくり、訳者あとがきをみてみたら、ピンポ~ン♪
原書は、1936年にリオ・デ・ジャネイロで出版された本です。
アカリがCD付で復刊したとはいえ、ポルトガル語じゃ読めないよと
手を伸ばせずにいたので、嬉しさ倍増であります。

リオの下町で演奏していたショローンたちを点描した、
郵便配達夫でショーロ演奏家だったリオのギタリストによる口述本。
ラセルダ、ナザレー、ピシンギーニャといった大物も登場するものの、
有名人も無名の演奏家たちも分け隔てなく語られています。

邦題の「…こうして誕生した」は内容と合っておらず、
原書の副題「昔のショローンたちの思い出」にすべきだったと思いますが、
20世紀初頭のリオ下町の風俗が、いきいきと描き出されています。

聞いたことのない人名や地名が次から次に出てきて、
百年前のリオの風物を想像たくましくしながら、読みふけってしまいました。
こんなにわくわくしながら頁をめくったのは、ひさしぶりのことです。

近年日本のブラジル音楽書で一般的になってしまった、
Rのハ行読みや、di, de の正書法にない「ヂ」使い、’-l’ を「ウ」と書いたりするような
気取ったカナ表記が出てこないところも、好感度大でした。
「ローダ」だけ、なぜか「ホーダ」と書いているのが残念でしたけれども。
細かい点で気になるところ(サンバ王シニョーを「シーニョ」とするなど)もありますけど、
まあ目をつむりましょう。

ピシンギーニャと交流のあったフルート吹きのカルロス・エスピンドーラに話が及んだところで、
エスピンドーラの娘のアラシ・コルテスについて、こう書かれていました。
「ブラジル全土の劇場を満員にし、その美貌と喉で市民を魅了し、海外でも成功を収めた」。
懐かしくなって、久しぶりにアラシ・コルテスを聴き返してみたら、
これがピタリとツボにはまり、最高のBGMになってくれました。

アラシ・コルテスは、サンバ・カンソーンを初めてレコーディングした女性歌手です。
29年3月に録音されたサンバ・カンソーン第1号曲「美しい花」“IAIÁ (Ai ioiô)” ほか、
その前年28年11月に録音されたサンバ王シニョーの名曲“Jura” や、
30年録音のアリ・バローゾ作曲のエキゾティックなバトゥーキ“No Morro ” を
フナルチ盤(CDはアトラソーン)で聴くことができます。

17歳で家を出てサーカスで歌い踊り、やがて劇場に進出して名声を得たアラシ・コルテスは、
劇場がメディアだった最後の時代の歌手ともいえ、
芝居っけたっぷりのチャーミングな歌いぶりに、
舞台女優/ミュージカル歌手らしい魅力が溢れています。

劇場からラジオへとメディアが移り変わり、サンバが爆発する30年代に入ると、
コケットリーなカルメン・ミランダが大活躍するのも、
アラシ・コルテスという下地があったからこそという気がしますね。

そんな華やかな芸能を支えたのは、街角に大勢のショローンたちがいたからこそ。
サンバの伴奏を支えていたアマチュアの彼らが、
街角でどんな生活を送っていたのかを、この本は教えてくれます。

[LP] Araci Cortes "ARACI CORTES" Funarte 358.404.004
Araci Cortes "ARACI CORTES" Atração ATR32051
コメント(4) 

コメント 4

としま

http://www.amazon.co.jp//dp/4779121671/ これですね。ショーロ大好き人間の僕としては絶対に見逃せません。早速ポチりました。届いて読むのが楽しみです。ご紹介ありがとうございました!
by としま (2016-01-27 12:04) 

bunboni

「サンバ」という語がほとんど登場せず、「モジーニャ」「ルンドゥ」「マシーシ」がひんぱんに出てくるという、いにしえのブラジル音楽を愛する人には背中ぞくぞくものの本です。
by bunboni (2016-01-27 19:41) 

貝塚正美

翻訳した者です。深く読んでいただきありがとうございます。
苦労も癒されます。
ポルトガル語の発音はなるべく当時の音を想像しながら、且つ日本語的にも80年前(昭和初期)をイメージしてカタカナに置き換えました。
ご指摘のようにミス等も出版後に発覚(間違いを指摘されるのは読まれている証拠なので内心嬉しいのですが)しています。
rodaは「ホーダ」という言葉が普及しているため、「ローダ」ですと却ってその部分だけが目立ってしまい、文章のリズムが崩れるかと悩んだ末に「ホーダ」に統一しました。
あとがきも書きましたように、後から来る人たちへの道を拓くような気持ちで翻訳しました。
当時の時代の匂いが醸し出されていれば、僕としては大成功です。

by 貝塚正美 (2016-08-02 10:38) 

bunboni

訳者みずからのコメント、ありがとうございます。
静かに日本でもショーロが聞かれるようになり、若い音楽家たちも育っていて、ブラジル音楽の裾野が広がったのを実感します。
ショーロ・ファンにはとても嬉しい本でした。
by bunboni (2016-08-02 10:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る