So-net無料ブログ作成
検索選択

エレクトロ・ボッサに仕上げた古典サンバ コレチーヴォ・サンバ・ノワール

Coletivo Samba Noir.jpg

カチア・Bとマルコス・スザーノがメンバーと聞いて、
へぇ~と思い、買ってきたものの、ロクに聴かずに放置したまんまだったCD。
暮れにCD整理をしていて聴き直したら、
そんなに悪くなかったので、あわてて処分候補棚から救出しました。

カチア・Bは、パリに渡ってクラブ・ジャズ系のミュージシャンと活動していた人で、
橋本徹のプロデュースで、J・ポップをボサ・アレンジにしたアルバムも確か出してましたね。
要するにオシャレ系のシンガーね、なんてずっとナメてたんだけど、
いつだったかブラジルで出したソロ・アルバムをチラ聞きしたら、
歌声が意外に良くって、好感度がぐーんとアップ。

そんな思いもあったので、マルコス・スザーノに加えて、
アート・リンゼイのグループで来日した7弦ギタリストのルイス・フィリーピ・ジ・リマや、
多くのセッションでひっぱりだこの鍵盤奏者ギリェルミ・ゲーがユニットを組み、
ノエール・ローザ、ルピシニオ・ロドリゲス、アンジェラ・マリア、アリ・バローゾ、
ドリヴァル・カイーミ、チト・マジなどのいにしえのサンバを、
エクスペリメンタルなサウンドで生まれ変わらせるという企画には期待を寄せたのでした。

ところがねえ、これのどこがエクスペリメンタル?
古臭いクラブ・サウンド丸出しのプロダクションに、思いっきり鼻白んだのでした。
実験的との謳い文句に、ロムロ・フローエスやパッソ・トルトあたりを連想してたので、超落胆。
で、1回聴いただけでほったらかし、売っちまうかあなんて思ってたんですが、
期待が大きすぎたんですかね。あらためて聴けば、アンニュイなムードがイヤミなくにじみ出る、
カチア・Bの自然体な歌いぶりは、とてもいい感じ。

先進的なところなどみじんもない、オシャレなエレクトロ・ボッサ。
アート・リンゼイをゲストに迎えたウィルソン・バチスタの“Meu Mundo E Hoje” なんて、
いい仕上がりです。ほかにも、エグベルト・ジスモンチ、カルロス・マルタ、ジャルズ・マカレーが
ゲストで参加しています。
やっぱ古典サンバはメロデイがしっかりしてるから、どんなに料理しても魅力的ですね。

Coletivo Samba Noir "COLETIVO SAMBA NOIR" Samba Town 5.071.185 (2015)
コメント(4) 

コメント 4

yusuke

私の処分候補棚もいっぱいになってきたので、今度まとめて売ってお年玉にしようと思っているところです。bunboniさんもレコードやCDを処分するときは、捨てないで売られているんですね。自分が価値がないと判断したレコードやCDを人に聞かせるのは罪と考え、売らないで捨てるという人もいるようですが。
by yusuke (2016-01-05 04:15) 

bunboni

レコードを捨てるですって !? 神をも恐れぬ所業……、信じられましぇ~ん。
自分の価値基準がゼッタイって、すごい自信というか、
うぬぼれ強いんですねえ。
いや、あんまり感心してる場合じゃないか。
そういう人が権力握ったら、焚書をするんだろうからね。うわ~、オソろしいな。
音楽の嗜好なんて十人十色なんだから、
好きになってくれる人のところに行った方が、いいにきまってんじゃないですか。
だからぼくはレコードを売るのを、「お嫁入り」と呼んでるんですけどね。

by bunboni (2016-01-05 06:36) 

としま

出版物や録音物を溜込んだり、中古本、中古レコード、中古CDにお世話になりまくっている我々には信じがたいことなんですが、たまにいますよ、捨てる人。今流行りの断捨離というんでしょうか。Twitterの僕のタイムラインにも、引越などの際、たまに出現するので、見掛けると「本やCDは捨てるんじゃなく、人に手に渡るようにした方がいいと思います」って声を掛けるんだけど、大きなお世話みたいです。

過去に一人だけ、中古CDは嫌だ、新品じゃないと嫌だという人もいました。別に潔癖症というわけでもなかったようだし、なんだったんでしょうかねえ。新品で入手できないものなら、全然聴けないよりははるかにマシだと思うんですけど。
by としま (2016-01-05 18:25) 

bunboni

レコードやCDを捨てる人って、ぼくのまわりにはいなかったので、ちょっと驚きました。
人が買ったものをどう処分しようが、そりゃまあ、勝手ですけどねえ。
う~ん、でも、不憫だなあ。
しかも、他人に聞かせないためって理由が、のけぞるよなあ。

新品じゃなきゃイヤというのは、ちょっとわかりますけどね。
ぼくも中古まで手を出す必要のない範囲で聴いていた高校生時分までは、そうでしたから。
安いからといって、中古を買う友人もいましたけど、ぼくはしなかったなあ。
中古に手を出すようになったのは、新品で見つけるのが不可能なものがきっかけでしたね。
by bunboni (2016-01-05 21:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る