So-net無料ブログ作成
検索選択

奄美の俗謡うたい 盛島貴男

盛島貴男 奄美竪琴.jpg

渋谷で宮崎県の神楽をたっぷり4時間味わったあとは、
下北沢に移動して、奄美の竪琴を聴く、週末の土曜日。
う~ん、なんて贅沢なダブル・ヘッダー。

奄美からやって来たのは、なんの前触れもなく、いきなりCDを出した御年65の盛島貴男。
里国隆の再来というべき、野趣あふれる歌声と竪琴は、
きれいに漂白された民謡ばかりの21世紀の日本に、
まだこんなディープな歌声を持った歌い手がいるのかという驚きを禁じえないもの。

レコーディング・スタジオではなく、自宅の工房で酒を飲みながら、
たった1日で録音したというのは、大正解でしたね。
リラックスした雰囲気がよく伝わってくる傑作です。

ライヴはCD以上の衝撃。とんでもない傑物ですよ、このオジさん。
50歳から歌い始めたとか、見よう見まねで竪琴を作ってきたとか、
とても真には受けられないプロフィール。どこまでほんとうなんだか。
寄席芸で長年鍛えてきたとしか思えない、喋りの巧さ。
歌漫談のような絶妙な語り口で、満員となった会場中のお客さんを一気に引き込んじゃいました。
超弩級な自由さが天然無為のスーダラ流儀を爆発させていて、圧倒されました。

CDでも「十九の春」や「製紙小唄」を歌っていましたけれど、
俗謡うたいというのが、この人の立ち位置のように思えましたね。
「黒の舟唄」「座頭市」「一番星ブルース」「リンゴ追分」が、堂に入ってましたからねえ。
ダミ声の浪曲師さながらのディープな歌声と、機微ありすぎの喋りに堪能した、
初の東京ライヴでありました。

盛島貴男 「奄美竪琴」 ウサトリーヌ UTCD0011  (2015)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る