So-net無料ブログ作成

乞来日 セルソ・フォンセカ

Celso Fonseca  LIKE NICE.jpg

蕩けますねえ。
つぶやくように歌う、セルソ・フォンセカのセクシー・ヴォイス。
やっぱこの人は、ボサ・ノーヴァを歌うのが、一番魅力的。
09年のギター弾き語りアルバム“VOZ E VIOLÃO” も、どんだけ聴いたことか。
CDだけでは飽き足らず、収録曲の多いDVDもずいぶん観たもんです。
男のぼくが観てても、ゾクゾクするんだから、女性ファンはもうたまらんでしょう。

さて、そんなセルソのボサ・ノーヴァ・ヴォーカルを堪能できる新作は、
セルソの単独名義となっているものの、ロナルド・バストスとの共作曲が大半を占めていて、
01年の“JUVENTADE - SLOW MOTION BOSSA NOVA” の続編とも言うべき内容。
セルソ・フォンセカが爪弾くギターのバチーダに、
管弦楽オーケストラが絡むシルキーなサウンドは、
クラウス・オマーガンが指揮したオーケストレーションで知られるジョビンの名作
“THE COMPOSER OF DESAFINADO, PLAYS” “WAVE” と見事にオーヴァーラップします。

フェロモン出まくりだった“JUVENTADE - SLOW MOTION BOSSA NOVA” と比べると、
さすがに年月を経た感がありますね。
円熟味を増して、若いギラギラ感が削ぎ落ちたってところでしょうか。
甘美なメロディ揃いで、とろっとろだったあのアルバムに比べると、
本作は色彩感を抑えた、シブい味わいのアルバムとなっています。
あのアルバムが甘口すぎると感じていた人には、むしろ本作の方がなじみやすいはず。

来日を望んでいるファンは大勢いると思うんですが、ゲストで来たことはあるものの、
いまだ単独公演は実現せず。今度の新作を機に、そろそろどうですかね。

Celso Fonseca "LIKE NICE" Universal 060254732677 (2015)
コメント(1) 

コメント 1

ペイ爺

>フェロモン出まくりだった“JUVENTADE - SLOW MOTION
もう蕩けそうです…。
熱い熱い夏の夕暮れに、このトロっトロ感がピッタリ嵌っていてよく聴きます。

>円熟味を増して、若いギラギラ感が削ぎ落ちたってところで
ネットで視聴できる、映画「トランスポーター」のJason Stathamみたいにシブい黒のスーツに身を包んでオシャレなキャフェで演奏してる“What a Difference a Day Made”、“Bela”、“Perdi”、“Meu Samba Torto“、“O Que Restou do nosso Amor”、“ Like Nice”、“Stormy” とか大好き!で、ここんとこ毎日聴いてます。子供の頃にカーペンターズで知った“Close to You” もこんなにレイドバックした「大人の音楽」に変身するとは…。King Crimson のギター弾き語り“I talk To The Wind”にもビックリしたもんなー。

春が終わり、初夏の暖かい陽射しが満ち満ちて来るこの季節。熟成され、けっして無理にではなく、ごく自然に「抑制された」Celso Fonseca のトロトロ感が、身体に良く馴染むんです。

“Slow Motion Bossa Nova” も、このネットの演奏が、アレンジ控えめで一番好きかもー。
by ペイ爺 (2018-04-20 14:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る