So-net無料ブログ作成

ヴェテラン・ハイライフ・シンガーの復活 パット・トーマス

Pat Thomas and Kwashibu Area Band.jpg

へぇー、今度はガーナのパット・トーマスに目を付けたのかあ。
イギリスのレーベル、ストラットがアフリカのヴェテラン・ミュージシャンたちにスポットをあて、
CD制作をしているのはご存知のとおり。
ガーナのエボ・テイラー、ナイジェリアのオーランド・ジュリウス、
エチオピアのムラトゥ・アスタトゥケという人選は、
アフリカン・ポップスをよく知り、深く愛するからこそなせる業で、好感がもてます。

今回ストラットが手がけたパット・トーマスも、エボ・テイラーと並ぶハイライフの大ヴェテラン。
51年、かつてのアシャンティ王国の古都クマシに生まれたパットは、
60年代ギター・ハイライフの立役者となったクワベナ・オニイナの甥っ子でもあります。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2012-10-22
69年に名門ダンス・ハイライフ・バンドのブロードウェイ・ダンス・バンドへ参加し、
ウフルー・ダンス・バンドに改名した後のイギリス・ツアーを経験、
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2012-09-18
73年に自己のバンド、スウィート・ビーンズを結成して、ソロ・シンガーとして独立しました。
「ゴールデン・ヴォイス」の異名を取り、A・B・クレンジル、ジュウェル・アッカー、
パーパ・ヤンクソンとともに、ビッグ・フォーと呼ばれる人気シンガーとなった人です。

とはいえ、パット・トーマスを知る人は、相当熱心なアフリカ音楽ファンぐらいなもの。
70年代のハイライフはガーナ盤LPしかなく、
80年代はガーナ経済危機のため、ほとんどレコードは作られませんでした。
90年代以降にいたっては、在外ガーナ人社会のレーベルから、
ほそぼそとCDがリリースされるだけでしたからねえ。
欧米にディストリビュートされる作品はわずかばかりしかなかったので、
パットばかりでなく、この時代のハイライフの名シンガーが、
海外に紹介されることは、皆無といっていい状態でした。

Pat Thomas  Asante Kotoko.jpg   Pat Thomas  Agona By Bus.jpg

ぼくもパットを聴くのは、03年の“ASANTE KOTOKO” 以来12年ぶり。
一聴して驚いたのは、声が若々しいこと。いやー、ぜんぜん年とってないじゃない。
思わず、昔愛聴した95年作の“AGONA BY BUS LIVE” も聴いてみたんですけど、
歌声がまったく変わってません。どゆこと? アンチ・エイジングですか!?

ストラットの制作でひとつ心配なのは、なんでもかんでもアフロビートにしてしまうところ。
エボ・テイラーのストラット2作目も、
無理にアフロビート化したサウンドがハナにつきましたが、
本作はパット本来のハイライフの味を生かしていて、これならオッケー。
アフロビート・マスターのトニー・アレンがゲストで3曲叩いていますが、
ラスト1曲のみアフロビートですが、他はハイライフに忠実なドラミングをしています。
本作のライナーによると、パットはエボ・テイラーとともに、
78年にトニー・アレンとレコーディングしていたんだそうです。

本作は全体に洗練された仕上がりで、
かつての泥臭い味わいは、洗い流されてしまった感がありますが、
ファンキー・ハイライフ以降のハイライフを聞きなれない人には、
これくらいの方が聴きやすいかな。
ホーン・セクションもいかにも白人プレイヤーらしく、ちょっときれいに揃いすぎ。
もっと不揃いな粗い音で、ぶひゃぶひゃブロウしてほしかったんですが、
まずは名刺代わりの一作として、ヴェテラン・シンガー、
パット・トーマスを知らぬ海外ファン向けのアルバム、上々の出来でしょう。

Pat Thomas & Kwashibu Area Band "PAT THOMAS & KWASHIBU AREA BAND" Strut STRUT126CD (2015)
Pat Thomas "ASANTE KOTOKO" Tropic Vibe Productions no number (2003)
Pat Thomas "AGONA BY BUS LIVE" PatCo CDPP1002 (1995)
コメント(2) 

コメント 2

coco

never seen this LP Pat Thomas AGONA BY BUS LP, 1995 not such a good year but i was wondering if you think it is any good

オランダからのご挨拶
:)
by coco (2015-09-02 19:18) 

bunboni

オランダからようこそ。

AGORA BY BUS is CD, not LP. I think it is Pat Thomas' best CD.
by bunboni (2015-09-02 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る