So-net無料ブログ作成

さらばユッスー

Youssou Ndour Mballax Dafay Wax.JPG

アラブ歌謡アルバム“EGYPT”、映画のサントラ“I BRING WHAT I LOVE”、
レゲエ・アルバム“DAKAR-KINGSTON” と、ここ10年音楽的な創造力を失い、
迷走し続けている世界のスーパー・スター、ユッスー・ンドゥール。
セネガル大統領選に出馬すると聞き、
「ああ、いかにも」と冷ややかな感想しか浮かばなかったのは、
とっくにユッスーに愛想を尽かしていた証拠なのかもしれません。

新作なんかもうどうでもいいから、ユッスーが一番輝いていた
80年代後半のカセット作品を早くCDリイシューしてくれよ、というのがホンネなんですけど、
昨年の11月4日、地元向けにリリースした最新作は、
普段着姿のンバラを楽しめるというので、それじゃあと手を伸ばしてみました。

タイトル『ンバラは語る』のとおり、たしかに内容は全編ンバラで、
未発表の3曲と過去のヒット曲をメドレーにした3曲が交互に収められています。
メドレーでは“Thiapathioly” “Taaw” “Batey” といったおなじみのナンバーが次々と歌われ、
ンバラ・アレンジの“Ob-La-Di, Ob-La-Da” が登場するところも、ファンにはたまらないのでは。
シュペール・エトワール・ド・ダカールの面々もよくしなるビートで、
小気味よいシャープな演奏を繰り広げています。

でもなあ……。やっぱりユッスーに往年の輝きはないですね。
過去のヒット集という意味では、たしかに悪いアルバムではありません。
ユッスーの声もちゃんと出ているし、ンバラの演奏もきりりとタイトに引き締まっています。
でも、それだけ。これぐらいのアルバム、ユッスーなら楽勝で作れますよ。

名の売れた音楽家が、政治家に転身するような野心を持つようになったら、もうおしまい。
ライ・クーダーあたりにもそういう臭いがして、イヤな感じのする今日この頃です。

Youssou Ndour "MBALLAX DAFAY WAX" no label no number (2011)
コメント(2) 

コメント 2

123

これは、選挙用に配布されたもののようです。
ミックスはコンプをかけすぎて、普通に聴くには簡単なリマスターをした方がいいです。
上はかなり出ているんですが、いかんせん、ミックスダウンが悪すぎます。
by 123 (2013-08-18 00:33) 

bunboni

選挙用のアルバムだったんですか。
このCD、まったく出回らないのは、配布用で一般販売されなかったからなんでしょうか。
by bunboni (2013-08-19 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る