So-net無料ブログ作成

デビュー作はワールド・サーキット ベキ・ムセレク

Bheki Mseleku.jpg

久しぶりにジャズ・ピアノが聴きたくなって、
ベキ・ムセレクの“CELEBRATION” に手が伸びました。
ベキがこのデビュー作をリリースした92年頃のイギリスのジャズ・シーンは、
なかなか活気がありましたね。

当時の一番人気といえば、サックス奏者のコートニー・パインでしたけど、
コートニーってヒップホップやドラムンベースを取り入れても、どこかスクエアな感じがありありで、
ぼくはもっぱら新人のスティーヴ・ウィリアムスンに肩入れしてました。
特に夢中になったのが、M-BASEのコンセプトを取り入れたセカンドの“RHYME TIME” 。
スティーヴ・コールマン&ファイヴ・エレメンツに入れ込んでたので、まさにツボなアルバムでした。

そしてベキの“CELEBRATION” を手に取ったのも、ファイヴ・エレメンツのドラマー、
マーヴィン・スミッティ・スミスが参加していたからだったと記憶しています。
ただしベキのアルバムはM-BASEではなく、伝統的なジャズだったんですが、
スピリチュアルな1曲目から、ベキ独自の個性が際立っていて、いっぺんでトリコになりました。
このアルバムには、コートニー・パインやスティーヴ・ウィリアムスンが
ゲストでそれぞれ1曲ずつ参加しています。

ベキが南ア出身のピアニストであることは、このアルバムを手に入れたあとに知りましたが、
ベキの書くメロディーには南アらしい雄大さがあって、そんなところもぼく好みなのでした。 
ベスト・トラックは、ドラマティックな曲想の“Angola”。
マーヴィン・スミッティ・スミスのポリリズミカルなドラムスが猛烈なスピード感で煽り立て、
ベキの流麗なソロと相乗効果をもたらし、それは見事な演奏を聞かせてくれます。

ブルーノートを意識したようなタイポグラフィが印象的なCDジャケですが、
このアルバムのレーベルは、なんとワールド・サーキットなんですね。
ワールド・ミュージック・レーベルとしては異色のジャズ・アルバムといったところでしょうか。
ニック・ゴールドもエグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされています。

Bheki Mseleku "CELEBRATION" World Circuit WCD028 (1992)
コメント(1) 

コメント 1

ペイ爺

John Coltrane の “A Love Supreme”を意識した“Supreme Love”。“Blues For Afrika”は“Afro Blue”でしょうか?Coltraneへの愛・Respect が感じられますよね。今日は Coltrane が亡くなって半世紀。JAZZを「自分の音楽」として聴き始めたのが、没後10年だったから、もう40年か、はやーっ。丁度その当時 “Second Night In Tokyo” が出て1曲目の“Afro Blue”に完膚無きまでもノックアウトされたのは、昨日の様にも感じます。
90年代には Criss Cross 同様立派な懐古レーベルになっていた Verve から出た “Timelessness” も聴きましたけど、この World Circuit の方が全体の出来は上の様に思います。ただ、愛らしい“Yanini”の Sonny Rollins のサキコロをホーフツとさせるテナーサックス、誰なんだろうと見たら、何とあの“Afro Blue”でアグレッシブでフリーキーに吠えまくっていた、Pharoah Sanders ではないですかっ!
by ペイ爺 (2017-07-17 01:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る