So-net無料ブログ作成
検索選択

21世紀のKSA キング・サニー・アデ

King Sunny Ade_Morning Joy.JPG

「サニー・アデって、今どうしてんの?」
ここ5~6年、こんな質問をいったい何回受けたことやら。
そのたびに「いまでもナイジェリアで新作を出してますよ。」と答えるんですが、
「あ、そーなんですか。ふーん。」と、これまたいつも反応がニブいというか、冷たいんですよねえ。

こういう質問をする人は、アデが80年代の半ば、イギリスのアイランドからアルバムをリリースし、
インターナショナルに活動していた頃のことを、よーく知っているわけです。
したがってその質問には、かつてのような華々しい活躍への期待が暗に込められているから、
本国ナイジェリアでドメスティックな活動しかしていないことに、期待はずれ感を持つのでしょう。

でもぼくは、アデが国際舞台から身を引いて、良かったと思っています。
アイランドの連中は、ナイジェリアのジュジュを第2のレゲエに仕立てて、
ひと山当てようとたくらんでたんでしょうが、
結果、そうならなかったことは、ジュジュにとって幸いでした。
欧米マーケットに引きずり出されて、おもちゃにされたあげく、ポイされるより、
国内のシーンで切磋琢磨して、音楽を熟成させることのほうが、なんぼか大事でしょう。
じっさいジュジュはその後、フジと競い合って、ちゃんと進化していきましたから。

サニー・アデについていえば、90年代に入り後輩のシナ・ピーターズに水をあけられていました。
アデもシナ・ピーターズのアフロ・ジュジュ路線に対抗すべく、急速調なジュジュを展開しましたが、
21世紀に入ってからリリースしているアルバムを聴くと、時代の流行を追うのをやめ、
ヴェテランらしい味わいで勝負しようとしているようです。

今年の春に出たばかりの新作“MORNING JOY” では、
アデの黄金期だった80年代サウンドが蘇っていて、嬉しくなりました。
現在のジュジュ・シーンで流行となっているサックスは使っておらず、鍵盤系の出番も控えめ。
複数台のギターとスティール・ギターを中心に、雄弁なトーキング・ドラムと絡ませるアンサンブルは、
80年代のリッチなジュジュそのものです。
ファンにはおなじみ、アデのトレードマークのギター・フレーズも飛び出しますよ。

シナ・ピーターズの流行以降、フジのようなドスの効いたヴォーカルが、
ジュジュでも主流となりましたが、アデのヴォーカルやコーラスのソフトな歌い口は昔のまま。
羽布団のような心地よさで、天国へ行けます。
流行とは一線を画した、オールド・スクールなジュジュ。ぼくは支持します。

King Sunny Ade "MORNING JOY" Master Disc no number (2010)
コメント(4) 

コメント 4

ペイ爺

〉インターナショナルに活動していた頃のことを、よーく知っているわけです。
1984年10月に、来日しましたよね。場所は代々木第一体育館。
その時、お会いしていたのかも…(笑)
確かNHKでそのLIVE、放映していた記憶があります。インタビューもしていたんじゃないかな。Adeの“Ja Funmi”、今でも良く聴く大好きな曲です。

〉流行とは一線を画した、オールド・スクールなジュジュ。ぼくは支持
さっそく聴いてみたいと思います。

久しぶりに顔を見たのですけれど、この"MORNING JOY"のAde、なんとなく、Louis Armstrongに似ていますね(笑)

by ペイ爺 (2010-06-11 10:20) 

bunboni

はい。NHKが放映したライヴには、ほんの一瞬ではありますが、
最前列で踊っている私が、映っております^^。
by bunboni (2010-06-11 12:31) 

酔人婆爺

はじめまして。
いつも興味深く読ませていただいてます。
私もAdeの大ファンなのですが、現地のニュースや新譜が入って来ないのでヤキモキしております。

著書のポップ・アフリカ700 アフリカン・ミュージック・ディスク・ガイドを都会へ行った際に立ち読み(失礼!)したときも真っ先に探したのがAdeの項目でした。
そこで紹介されていた「LIVE AT THE HOLLYWOOD PALACE」、忘れていたアルバムだったのですが、聴き直して見てビックリ。
「こんなに素晴らしかったっけ」状態でした。

「Grace of God」以降の新譜は入手していませんが、「Grace of God」の好調ぶりを聴くと、それ以降の「Blessing」「MORNING JOY」も期待出来そうですね。
なかなか新譜が入手しにくいのですが、また彼の情報がありましたら御教授ください。

>NHKが放映したライヴ
私も参加した思い出のLIVEです。ビデオで録っていますので今度bunboniさんを探しながら観てみますね。

長文失礼いたしました。
by 酔人婆爺 (2010-06-12 11:41) 

bunboni

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
(『ポップ・アフリカ700』も、ぜひぜひお買いもとめくだされ~^^。)

“BLESSING” は声に精彩がなくなってしまい、かなり残念な出来でした。
アルバムのラストもジュジュではない普通のポップ・ソングだったし…。

“GRACE OF GOD” が良かっただけに心配しましたが、
今回の“MORNING JOY” の復調は嬉しかったです。

NHKのライヴ、ぼくはステージ下、やや左方向にいましたが、
さー、どこでしょう??? わかったらスゴイ!
by bunboni (2010-06-12 13:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る